服地の本場大阪谷町で生まれ、東京神田の生地屋街で育ち...はや

vightextopロゴ

MADE TO ORDER オーダースーツのヨシムラ

オーダースーツのヨシムラ >> Item & Price >> フォーマル(Formal)

フォーマル(Formal)

フォーマル(Formal)

普段スーツを着用されない方もフォーマルウェア(礼服)は、必ずと言って良いほど必要ですよね。
礼服は冠婚葬祭を中心に必要なアイテムで、年間を通してあまり頻繁には着用しないものの、年に数回はご着用されているのではないでしょうか?
礼服といっても、正礼装、準礼装、略礼装と場所や、時間、立場によって着用する物も様々です。
当社では、略礼服を始め、正装、準正装とオーダーで承っておりますので、是非ご相談ください。
礼服の場合、着用回数がそこまで多くないため、10年以上ご着用頂けます。
そんな長く着用頂ける物だからこそ、オーダーする事をオススメします。

取り扱いアイテム
【略・準礼装(ブラックスーツ)】

略・準礼装(ブラックスーツ)

ブラックスーツは、必ずといっても良いほど必要なアイテムです。
下記TPOの表をごらんいただくと分かるように、略礼装でありながら様々な時間帯、そして様々な場所で失礼にならず、お召しいただけるのがこのブラックスーツ。
主役になるような場合では正礼装になりますが、その他の場においてはほぼこのブラックスーツが基本です。

【準礼装】

準礼装

ディレクターズスーツ上下(朝~)  51,000円~(本体価格)
(上着 26,000円~(本体価格) 縞スラックス 25,000円)


ディレクターズスーツは、上着はブラックの生地で、スラックスは専用のストライプ生地を用いたスタイルです。
当社では、ブラックスーツをお持ちの方は、スラックスのみのオーダーも承っております。
着用のTPOでは、午前中から17~18時くらいまでの間に開催される比較的格式の高い場面で、主催者側の方やその近親者の方がお召しいただくものになりますから、一本は持っていたいところですね。

【正礼装】

正礼装

タキシード(夜~Tuxedo) 50,000円~(本体価格)
(シングル上下40,000円~ +タキシードオプション10,000円)


夜のパーティーや式典、また取引先等主催のパーティーで必要になるのがこのタキシード。
ドレスコードという服装をある程度きめられた場において「ブラックタイ」という言葉が出てきたら、このタキシードが必要になります。
海外の映画やニュースでパーティーのシーンがあると大抵はこのタキシードですね。
黒の蝶ネクタイ+黒のカマーバンド+ウイングカラーシャツのコーディネートが基本形ですが、最近では少し色柄を使ったコーディネートも多くなっています。

【正礼装】

正礼装

モーニングコート上下(朝~) 85,000円~(本体価格)
(モーニングコート 60,000円~ 縞スラックス 25,000円)


もともとは、フロックコートのデザインから派生したデザインといわれています。
朝~18時ころまでの正式な礼装で、身近な所では結婚式の、新郎新婦の父親がこのモーニングコートを着用されていますね。
慶事用のグレーベスト、また白襟付きベストも必須になります。

【正礼装】

正礼装

燕尾服(夜~Tailcoat) 155,000円~(本体価格)※フルオーダーのみ対応
(燕尾コート 120,000円~ +スラックス35,000円~)


「Tailcoat」と呼ばれる夜間の正礼装がこの燕尾服です。 ドレスコードは、白い蝶ネクタイを用いることから、ホワイトタイと呼ばれています。
なかなか着用するシーンは一般的には少ないですが、オーケストラの指揮者や、社交ダンス大会で使われることも多いです。
砕けた話をしますと、ディズニーランドに出没するミッキーマウスも燕尾服を着ています。

【ベスト】

ベスト

共地シングルベスト 10,000円~(本体価格)
(フルオーダーの場合は+25,000円~(本体価格))


当社では慶事用のグレーのフォーマル用ベストと、弔事用の黒のベストをご用意しております。

TPO

ベスト

礼服(フォーマルウエア)にはTime(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)によって正しい装いというものがあります。
ただ単に礼服だからといって着用しても、時間 、場所、場面(場合)によって、NGになることもありますから注意が必要です。

そこで、分かりやすいように下記に表を作成致しました。
横軸に時間帯と準~正礼装を、縦軸にシーン別・格式別にご紹介しておりますので、参考までにご覧ください。

生地を選ぶ基準

生地を選ぶといっても、黒、黒、黒、、、
どのように選べば良いの??と思われる方も多いと思いますが、一般的に基準としてみるのが「黒の深み」、「生地の厚さ」の2点です。

【黒の深み(色)】

冠婚葬祭では、基本的に皆さん黒のスーツをご着用されています。
黒という色の特長は、すべての波長の光を吸収する色と言われており、黒色と黒色が並ぶと、緑っぽい黒や、赤っぽい黒、青っぽい黒のように、同じ黒色のスーツでも色味が異なって見えます。
その為、礼服で使用される黒地の生地は、黒が深ければ深いほど、漆黒になればなるほど高級とされており、礼服の生地を選ぶポイントとしては、生地を並べて黒い方を選ぶ事をオススメします。

【生地の厚さ】

スーツ生地と同様、春夏物、秋冬物、スリーシーズン物と礼服も生地の厚みによって分かれています。
一般的に冠婚葬祭は季節を問わないため、スリーシーズン物を選ぶのがベターです。
ただ、既にスリーシーズン物の礼服をお持ちでしたら春夏物の礼服を持っていると粋ですよ。

ページ上部