HOME > レディース > 『メンズライクジャケット』の完成です!!

『メンズライクジャケット』の完成です!!

2019年10月25日更新


こんにちは、東京店の富田です。
10月も後半に差し掛かる頃となりましたが、
皆さん如何お過ごしでしょうか?
日中も天候によっては気温がすっかり低くなり、慌てて羽織を引っ張り出して
着出した方もいらっしゃると思いますが、冬支度は大丈夫ですかね?
寒くなり始めのこの時季は身体も寒さに慣れていないため、風邪をひきやすいです。
少し意識して厚着をして寒さに慣れていきましょう♪

さて今回のレディースコラムは、8月のコラムの続きですが皆さん覚えていらっしゃいますか?!

忘れちゃったよ~、っという方は是非こちらをまずご覧ください。

初めてのダブルスーツに挑戦 !

思い出した、または覚えてるよ!!っという読者の皆様ありがとうございます。

ここで答えを書いてしまいますが、そう、≪富田着用分の仕立て≫の話です☆
時間がかかり忘れられてしまいそうですが、今回は遂にお披露目です!!

やっと仕上りましたので、先ずはドーンと!!!写真をご覧ください。

如何でしょうか?
結構迫力がありますよね。ピークラペルの剣先がぐっーと大きく上向きで、
カッコ良さが表現されていますよね。

実を言いますと今回は、、、、 『メンズパターン』で仕立てましたーーー!!

確かに、衿が衿やラペルが大きいような?! と感じた方もいらっしゃるかと思います。

『へぇ~、メンズパターンでも女性モノが仕立てられるの?!』と、驚く方もいらっしゃると思いますよね。

私もそう思っておりましたが、どうすれば女性もメンズパターンで着こなす事ができるのか、簡単にそのポイントをご紹介ますね。

ポイントその① 胸の高さをどうカバーするのか?

やはり男性の身体と一番違うのが胸の高さですよね。
男性でも胸厚体や胸筋が発達している方には、ゴージカットという補正をプラスします。
上衿とラペルの切り替え部分の身頃側にダーツ処理をすることで、
胸の高さを造る事ができ、より胸周りを立体的に表現してくれます。
このような仕様で女性の身体にも合わせやすい形になります。

ポイントその② 重たい付属類のスリムカット

またメンズとレディースのジャケットで大きな違いは、ジャケットの中に使われている増芯の重量です。
(もちろん軽く仕立てるための軽量付属もありますが、ここでは一般的に使うものとしてご説明します。)
女性ものは軽く綺麗な曲線を作るため、極力軽くソフトなものを使用し、パターンのラインで、きれいな女性本来のもつ身体の曲線を活かします。
ですが、メンズジャケットの場合は、胸の厚みや立体感を作り出すには、
パターン専用の増芯を使うことで、形成された凛々しいジャケットが作られます。
ですから、拘った付属を使うメンズジャケットの重量は、男性にとっては普通の重量ですが、女性にとっては、鎧を着ているかのように重く感じます。(汗)
そこで、今回メンズライクジャケットの中に使われた付属は、いつもレディースで使われるし付属類を使って仕立てを行いました。
パターンはメンズものですが、そんな融通も聞いてくれた弊社の青森工場にも感謝です♥こうやって、ちょっとイレギュラーな仕立ても可能な範囲でも挑戦してくれる工場は強い味方です。

ポイントその③ 各パーツのサイズ調整

バストはパターンの範囲内で決まっても、やはり肩巾はメンズより当然小さいので、
ここは可能な限り肩巾を小さく合わせました。でもまぁ通常の富田が仕立てるレディースパターンより1.5cmは大きいですが、、、、メンズライクを表現したかったので、問題なかったですね。
それから後は、アームホールと、袖巾が大きかったので、アーホールはカマ上げし(少し小さくし)、袖巾は、1.0cm程詰めました。

以上、このようなアレンジの仕方で女性の身体にも合う、メンズライクジャケットが作れます。
この時期の、ちょうどいい気候から寒くなりだす季節の狭間に、メンズライクジャケットを羽織感覚でお召になるのもいいですし、トレンドに合わせてのコーディネートもいいですね。
お仕立てする生地よっては、同じパターンでも全く違う表情になりますので、
そんなところもオーダーの楽しみですよ♪
是非この機会に、気になる方は是非お気軽にお電話でもメールでもお待ちしております!!

また今回、富田のお披露目する予定だったのはスーツでしたが、
生地が足りないハプニングがありまして、ジャケットだけのお仕立てになりました。(汗&悲)
まぁ、コーディネートを楽しもう♪と切り替えてこの秋冬着ていきたいと思います。

それでは次回もお楽しみに♪