HOME > レディース > 『スラックス こんなこともできますよ★』

『スラックス こんなこともできますよ★』


こんにちは。東京店の富田です。
桜のつぼみもようやく、先日20(日)に開花宣言 となりました。今年の開花は平年より4日早く、去年より6日遅い発表でした。それにしても開花宣言があった途端、本日20(火)の執筆時は、真冬に逆戻り。 〝みぞれ交じりの雨〟にもなり、こんなに気温差を突き付けられると、人も動物も調子を崩してしまいそうですね。
更に、この頃は卒業、入学、入社、移動、転職と、当てはまる方にとっては、大切な時季ですので、どうぞお身体には十分に気を付けてお過ごし下さい。

それでは、今回のコラムは、スラックスの代表的な仕様について、一部ご紹介致します。
ちょうど、明日から始まる《春のスペアパンツフェア》にちなんで、パンツの仕様を深堀してまいります。きっと、ときめくヒントが見つかるはず、どうぞ最後までご覧ください。

ウォッシャブル仕様 ~家で洗えるってホントですか?~

家庭洗濯ができる素材として、ポリエステルを中心とした 『機能性素材』があります。今季からサンプル帳(ディプロマット)にも掲載されておりますので、サンプル帳の貸出リクエストを頂ければご自宅でもご覧頂けます。

イージーオーダーしたスラックスが〝家で洗える〟とは、信じられない方も多いと思いますが、洗えますよ!!洗濯した後は、〝直ぐに干す〟そして〝早く乾かす〟ことが理想です。それを叶えてくれるのが、ウォッシャブル仕様です。

脇ポケット、ピスポケット(お尻)の〝袋地がメッシュ〟になっているので、〝薄くて乾きが早い〟です。暑いこれからの季節に、袋地が薄く風通りもよければ、涼しさも感じます。お尻ポケットの袋地のアタリも気にならないので、お勧めですね。

裾スリット ~足首は見せることで華奢見せに~

〝裾の左右脇にスリット〟を入れる事ができ〝最長8cm〟までのスリットが可能です。
ゴルフやカジュアルパンツ用として、ビジネスと線引きして使い分けられます。
特に女性の方にお勧めで、春夏のビジネススタイルに合わせるのが大変マッチしますよ。

シルエットは、断然テーパードスタイルにやや短めの8分丈が絶妙で、スリット入りの足首見せで、更に細見せ効果が期待できます。軽快さも増して、季節を感じるディティールに仕上ります。

コインポケット ~ウエストに粋なディティールをプラス~

コインポケットとは、シンプルに言えば小銭を入れるためのポケットで、スラックスの内側や腰裏につけられえるポケットの事です。常時使うというよりは、旅行などした際の緊急用に、数枚の紙幣を入れて置くことに利用する人が多く、ドルポケットとも呼ばれています。

まさにこれは、メンズスラックスの代表的な仕様の一部ですが、これをレディースにもプラスしてみては如何でしょうか?少しメンズライクに、付けていてるだけで新鮮なお洒落なアイコンです。

実際ポケットを使用する事はありませんが、強いていうなら、私はピアスのチャームが外れた時に一次避難場所として使えるかなと思います。貴女は何をいれますか?

帯巾広め ~ウエストマークを意識したカーヴィーライン~

通常、レディースのベルトの帯巾は3㎝~、型紙によっては4㎝になります。
仕様する型紙が限定されますが、4.5㎝巾程にもお仕立て可能です。この巾になるとやや太めで、ウエストマークにしてはデザイン性がグッと高まります。

そうすると、通常フロント釦が1個のところが、帯巾のバランスに合わせて、釦が縦に2個付けになります。
ちょっとしたアクセントになりますし、ウエストを意識したデザインをご希望でしたら、こんなこともできますので、是非参考にしてみて下さいね。

最後に、大変珍しいスラックスのご紹介です。

フレアースカートライクなウルトラワイドパンツ ~Miura Style~

急きょですが、グループ会社のビックビジョン渋谷店三浦店長のお仕立てしたパンツをご紹介致します。また、この場をかりましてすみませんが、いつもお世話になりありがとうございます。

どうやら、三浦店長が仕立てたパンツが、あまりにもワイドで珍しく、スタッフの間でもザワついていたようです。そこへ常に原稿ネタを探してる私のところへ、三浦店長から見せて頂いた事で、ご紹介させて頂く運びとなりました。

えっ~!こんなワイド作れるのですか?
許可を頂き試着させて頂きました。本来であれば、ご本人のお姿写真の方が、身長とパンツ丈のバランスもよく、映えたお写真になるのですが、画像は富田であります。三浦さんより少し背が低いので若干股下が長いですが、このワイドフレアーに圧倒されますね。

正に、フレアースカートでも穿いているようなこの感覚は、三浦店長が作りたいイメージにぴったりだったそうです。スカートっぽくしたかったのがポイントで、ピスポケット(お尻のポケット)もなし、クリースもなしで、スカートライクなワイドパンツになりました。

でもどうしてここまでワイドにしたのですか?と聞いてみると、

三浦店長曰く、
ゆったり目が流行っていたので、ワイドパンツを作りたいなぁと漠然と思っていて、
折角なら、サイズ感の限界を知りたくて、かなり太めのサイズでオーダーしてみようと思いついた、との事。

さすが、型紙の限界を知るために、自身の着用分で試してみる三浦さんの姿勢が素晴らしいです。そして生地のチョイスもワイドパンツにマッチした素材です。2WAYストレッチで程よい重量感がフレアーを安定的に泳がしてくれて、絶妙にいいなと思います。

イージーオーダーもここまでできれば楽しすぎますね。
コーディネート次第では、モード系のインパクト見せもできますし、また色と素材がファンシーであれば、ドレスコードにも対応できるパンツとして活用できそうですね。
今回、三浦さんの仕立てた生地はまだ在庫がありますので、気になった方は是非、ご連絡を頂ければと思います。

以上、簡単にスラックスについてご案内させて頂きましたが、如何でしたでしょうか。
〝春のスペアパンツフェア〟が始まりますので、是非この機会にご自身がデザイナーになったつもりで、オンリーワンのスラックスをお仕立てしてみては如何でしょうか。出来る範囲に限りますが・・・。

それでは、次回もお楽しみに。