HOME > SPECIAL SELECTION > 2020 AUTUMN & WINTER SPECIAL SELECTION

2020 AUTUMN & WINTER SPECIAL SELECTION

2020年8月21日更新


2020 AUTUMN & WINTER SPECIAL SELECTION

2020年の夏は《特別な夏》と言うように、例年とは色々と違う夏になりましたが、その中でも酷暑、いや、その言葉よりもどう表現したらよいのか、辛い暑さが、例年には無い特別な夏のように感じます。

立秋も過ぎれば暦の上では『秋』とは言え、今年は残暑も厳しく秋も特別な秋になりそうな予感がしますね。(汗)

さて、そんな《秋》ですが、秋と言えば楽しみなことが増えてワクワクする季節ではないでしょうか?!
食欲の秋・スポーツの秋・芸術の秋そして何といっても忘れてはいけない秋の主役はそう、、、、

『ファッションの秋』=『衣替え』ですね☆

まだまだ暑いですが、そろそろ衣替えを考えていきたい、楽しみが多いこの時期に、いち早く皆さんにワクワクと『秋冬ファッション』を楽しんでもらえるよう、2020年秋冬『SPECIAL SELECTION』 をお届けいたします☆

さて、YOSHIMURA&SONS 2020年度秋冬のラインナップは、いつもと少し雰囲気を変えて、洋服を着る喜びを感じることができるこれからのシーズンを、存分に楽しんでいける、そんなコレクション内容となっております。

いつも通りのスーツスタイルは勿論のこと、ビジネスのカジュアル化、そして何よりもプライベートウェア(普段着)にお使い頂けるような《ジャケット》&《スラックス》そして、秋冬アイテムの代名詞《コート》までお仕立て頂ける生地感や色柄を揃え、コーディネイト&アイテムの幅がいつもより更に広がりました。

今年は、コレクションに《ジャケット生地》がラインナップされておりますので要チェックですよ。

オーダー=『スーツ』(ビジネス)というイメージを持たれている方も多いのかな?!と思いますが、カジュアルや、あなたの好みやライフスタイルに合わせた様々なアイテムを創造できる事がオーダーの楽しみですから、スーツだけという概念を捨てお仕立てを楽しんで頂けたらと思います。

生地コレクションをご紹介するだけに留まらず、年代別のスタイリングやトレンド情報や、生地の豆知識まで、経験豊富な当社スタッフがユニークに今年の新作生地をご紹介しておりますので、2020年秋冬のシーズンスタイルブックとしても《SPECIAL SELECTION》を是非ご活用ください。

生地サンプル帳としてご用意しております、『DIPLOMAT』と併用して頂けますと新しいスーツの創造をより一層に楽しめますので、是非サンプル帳と共にご活用ください。

完成が待ち遠しい2020年秋冬サンプル帳『DIPLOMAT』8月末を予定しております。

生地サンプル帳は無料でお貸出ししておりますので、ご希望の方は、サンプル帳貸出しフォームよりお申し込み下さい。

それでは、今季オススメの秋冬新作生地のご紹介です。今シーズンもどうぞよろしくお願いします。

2020AW 生地バリエーション

SILVER LINE
GOLD LINE
PLATINUM LINE
JACKET LINE

生地

<1> NAVY SERIES

佐野 東京店SHOPMASTER:佐野オススメ商品
◇Wool 100%
◇目付 320g〜
ジャケット:本体価格38,000円


今シーズンからご要望の多かった《ジャケット生地》を新たにDIPLOMATのラインナップに加えました。

2020年秋冬は、カジュアルやプライベートウエアにピッタリな生地を沢山仕入れまして、スーツというよりも、ジャケットとパンツをバラして使いそれぞれのコーディネートを楽しめる生地がメインとなっております。

さて、そんなラインナップの中でも、まずはコレ!!!という間違いない生地、
《JACKET LINE NAVY SERIES》をご案内致します。 名前が格好良過ぎですが、(汗)みんな大好き?!永遠の定番《ネイビーブレザー》俗に言う【紺ブレ】にオススメな生地シリーズです☆

スーツは色々持っているんだけど、実はジャケットは持っていない方って
多いのでは?!とよく感じるのですが、読者の皆さんはどうでしょうか?!
最近は特にビジカジが進んでいる中、『ジャケットが必要になったんだけど、何をどうすればいいのか、、、、』と言うご相談を沢山頂きます。

スーツの場合は、必ずジャケットと同じ生地でスラックスが付いてきますので
コーディネートを考える必要が無いので、実はとっても楽なんです。

ジャケットは、スラックスやシャツのコーディネートを考えなければならないので、少し難しいな、面倒だな、と感じてしまうことがあり、どうしたらいいか分からないと言う方が多いのかなと感じます。

そんなあなたは、まず間違いないアイテム《紺ブレ》を作りましょう☆

ジャケット入門編であり、マスターピースとも言えるアイテムですから、
あらゆるシーンに対応でき、コーディネートの幅が広く1着持っているだけで安心です。

コーディネートの幅が広いと言うことは、合わせる自信が無い、、、難しいじゃん、、、面倒だな、、、と思いがちですが、結論からお伝えします。
『何にでも合います。』(ちょっと語弊があるかもですが。。。)

ビジネス用にWOOLスラックス&シャツで綺麗目に、ビジカジ用にコットンパンツ&ニットとコーディネート、そして、プライベートはジーンズ&カットソーで、などなどシーンに合わせて着こなしを楽しんで頂けます。

ジャケットのデザインもシングル、ダブル、アウトポケットetc…様々なスタイルでお仕立てを楽しめるところも☆VERY GOOD☆です。

頼れる相棒を是非是非あなたのワードローブに加えて下さい☆ 絶対後悔させません!!!

おすすめ仕立て
シングルジャケット&お好みのトップスとボトムで
まずは基本を抑えるところが大切です。基本無くして応用はありませんから、オーソドックスなデザイン&飽きのこないシンプルな《シングルジャケット》がオススメです。
この基本のジャケットがあれば、ジャケットスタイルはもう怖いものはありません。
コーディネートは正直申しますと、先にご案内しているように、ご着用のシーンに合わせて、トップスは、シャツ〜カットソー、パンツはWOOL〜コットン系などお選びになれば、基本的にジャケットがまとめてくれますのでお好みでとご案内しております。
ジャケットに少し変化をとお考えでしたら、ジャケットのポケットをアウトポケットにすればよりカジュアルで軽快なイメージを表現できます。

シンプルでベーシックな《ネイビージャケット》は、様々なシーンで、あらゆる場面で、『持っていて良かった〜。』と感じて頂けるはずです。
ダブルブレステッド&お好みのトップスとボトムで
もし基本のシングルジャケットは抑えているのであれば、次に持っていたいオススメのデザインは、《ダブルブレステッド》です☆
スーツにもジャケットにも言えることですが、ダブルのデザインは、大人の威厳やエレガンスを表現してくれるので、カジュアルなジャケットであるけれど、落ち着いた雰囲気で着ていただくことができます。
周りと差を付けたいなとお考えでしたら、ダブルに是非挑戦して頂きたいですね☆個人的にとってもオススメですし、今シーズン1着自分も仕込んでおります。
ダブルだとデザインがカタイかなとお考えでしたら、方周りを柔らかく見せるマニカカミーチャや、アウトポケットでカジュアルさをプラスしてみましょう。
コーディネートは、シングルジャケットと同じようにシーンやお好みに合わせてお選びいただければ、ジャケットがまとめてくれますのでご安心を。

もちろんコーディネートのご相談はいつでものりますので、お気軽にお声かけくださいね☆

<2>MOON

大崎 大阪店スタッフ:大崎オススメ商品
◇Wool 100%
◇目付 320g 4柄
シングルジャケット:本体価格43,000円

新型ウイルスの影響もあり、ビジネスシーンにおいてカジュアル化が更に進もうとしていることは皆さんもこの夏まさに体験されたことでしょう。
と、なればこれからの季節も必然的にジャケットの需要は増して行く....そこで久しぶりの登場、今年はディプロマットにも掲載されるMOONのジャケット地をご紹介したいと思います。
MOONは創業から182年になる今も生産工程を一貫して行うテキスタイルメーカー。
冬になると一際目立つツイード生地ですが、その中でもMOONはあのハリスツイードよりも目付が軽く単品ジャケットとして幅広い着こなしが可能です。
ツイードのしっかり感はそのまま、ふっくらと柔らかい風合いは着ていく毎に馴染み、経年経過による変化も楽しめます。
“毎シーズン着ても飽きない”そんなベーシックな色柄が新しく入荷しました。

おすすめ仕立て
メンズ
X20-4602
タイドアップにカジュアルにと、様々なアイテムとコーディネートしやすいネイビーのヘリンボーン
合わせるボトムはリジットの効いたデニムはもちろん、カジュアルジャケットOKの職場の方は、“アズーロ・エ・マローネ”相性バッチリのブラウン系のフラノパンツとのコーディネートがオススメです。
シャツではなくタートルやハイネックのニットで是非どうぞ。
クルーネックよりも防寒に優れているだけでなく今っぽさが遥かに出ますよ!
ジャケットザインシングル2釦のノッチドラペルでシンプルに。
胸と腰のポケットの提案は今までなら普通のフタ付き両玉でしたが、昨今の情勢からしてもアウトパッチにカジュアルダウンしても良いかもしれません。
全て“いつも通り”では面白くありませんし、十分ビジネス対応のジャケットとして仕上がりますしね。
レディース
X20-4603
ツイードは堅い、一歩間違えると野暮ったくなるでしょう?とおっしゃるレディースのお客様もいらっしゃいますが、MOONの生地はそんな印象を払拭いたします。
モノトーンなグレーのヘリンボーンは、皆さんの予想以上にワードローブを広げてくれますよ!
デザインはシングル1つ釦のピークドラペルにチェンジポケット付き。
1つ釦でVゾーンを深めに設定、着丈は長めに腰ポケットはスラントさせて前から見た際にXのシルエットが強調されるようにいたしましょう。
全体的にクラシカルに仕上げるのがポイントです。
合わせるボトムはパンツでもスカートでもミルド調のグレー系(ライトグレー)もしくはブラックでスタイリッシュに。
小物も寒色系のアイテムがよく合います。
パンプスよりもショートブーツやローファーといったややボリューム感のあるアイテムでバランスを取りましょう。

<3>BOTTOLI

玉岡 MD玉岡オススメ商品
◇Wool 100%
◇目付 330g/m
シングルジャケット:本体価格43,000円
ロングジャケット:本体価格53,000円

BOTTOLIはYOSHIMURA&SONSがジャケットラインとして今シーズン初めて手掛けるイタリアのファブリックブランドです。
創業が1861年と言いますから、なんと!159年も続いている老舗織物メーカーだと言うので、もうビックリです。余談ですが、100年以上続く企業が世界で一番多いのは実は日本で33,000社余りとダントツに多いのです。一方、イタリアでは1,000社弱だそうで、このBOTTLI社はその中でも古参の部類だと思いますからその伝統や技術の高さが容易に想像出来ますね。
イタリアの多くの生地メーカーが豊富な水源を求めて北イタリアのビエラ地方に散在していますが、BOTTOLI社は同じ北でもその活動拠点をアドリア海に面した「水の都ベネチア」に置いています。ファブリックデザインのインスピレーションの源として、掛け替えのない環境と言うのがその理由のようで、風光明媚なベネチア地方を知ると納得です。
そんなBOTTOLIからセレクトしたふたつのコレクション。濃紺地に白と赤のチェックを施したトリコロールカラーの配色が粋なX20-4604と、同じく濃紺地にグリーンのチェックを施したブラックウォッチ柄X20-4605。ふたつと数少ないコレクションですがその伝統と技術を活かした仕上がりに、BOTTOLIの「美」をきっと感じて頂けると思います。

おすすめ仕立て
△ダブル6個釦2つ掛け
まずピンと来たのが6個釦2つ掛けのダブルです。表向きは腰ポケットの仕様をチェンジポケット付きのハッキングでブリティッシュな顔立ちに対して、裏側の仕立てでは軽~く、季節に拘らずに「半裏」にした羽織感覚のダブルジャケット、粋ですね。これに合わせるパンツですが、エレガント派にはライトグレイまたはダークグレイのフランネル、スポーティー派にはオフホワイトのコーデュロイか起毛系コットン素材が、ピッティウォモ(イタリアの製品展)の会場に居そうな兄貴気分でチョット攻めてみましょう。
◎シングル3個釦段返り2つ掛け+ベスト
何と言ってもこれ!汎用性抜群のアイテム。表の顔はアメリカントラッドよろしく段返り3個釦で、袖釦はオーセンティックな2個釦。腰ポケットはパッチ&フラップポケットで決まり。背中のベントは定番よろしくフックベント。此処まではピュアトラッドそのものですが、裏の顔(仕立て)は軽~く、羽織り感覚の「半裏」仕立てがオススメ。合わせるパンツはウール系は勿論OKですが、チノパン、デニムにコーデュロイパンツなども良いです。エレガントにもスポーティーにもそしてウォームビズにもコーディネイト力抜群で、加えてベストを合わせれば周囲のウケ間違い無しの最強アイテムです。
○シングル3個釦2つ掛けロングジャケット
これは言い換えれば、ショート丈のチェスターフィールドコート。サイズ感をコートのユトリにすればスーツの上からも楽々着られますが、ここはお洒落道を優先してニットの上に着るサイズ感でややタイトな仕上がりがよろしいと思います。フロントを比翼にすればコンサバなコート感ありでベーシックな印象。打ち抜きにするとジャケット風スポーティ感が出て週末のアウターにももってこいのワードロープになること請け合いです。スポーティー感で言えばアルスターコートなども良いですが、アウターとしてはコストパフォーマンスと着回しの良さでロングジャケット仕様が一番のオススメです。

<4>Loro Piana(ロロピアーナ WOOL,CASHMERE&SILK・Super120's )

南浦 大阪店ShopMaster:南浦オススメ商品
◇WOOL85%、CASHMERE10%、SILK5%
◇WOOL100%
ジャケット:本体価格48,000円


コロナ禍の影響でこれからのビジネススタイルは大きく変わっていくことが予想されます。
その中でも最も大きい変化はリモート勤務の拡大によるスーツ離れであろうかと思います。
昨今、ビジネスカジュアル化が進んでおりましたが、今回のコロナでそれに拍車がかかることは間違い無いと判断し、今シーズンよりジャケットコレクションを復活させることになりました。
今シーズンのジャケット地のラインナップはかなりボリュームを持たせておりますので、皆さん、どうぞディプロマットの完成を楽しみにお待ちください。
そこで私が今回担当するのは、非常にラグジュアリーな生地であるロロピアーナのジャケットコレクション、その内容はカジュアルライクな格子柄が5マーク、ビジネスシーンでも十分お使い頂ける無地が1マークとなっております。
今後景気も厳しくなっていく事が予想されます、我らがテーラー業界で求められるのは単にプライスが安い、とかではなく、着回し力、つまり使い勝手の良いアイテムが広く求められることは間違いありません。
それに先駆けて皆さんにお薦めのスタイリングをご提案させて頂きます。

おすすめ仕立て
◎For Business
BL1303、1304、1307
ビジネスユースの場合、柄的には無地、色目としてはネイビー系をお選びになるのが良いでしょう。
ビジネスカジュアルが進んでいるとは言え、過ぎたカジュアル感を出すのはNGでしょうから、薄いながらも肩パッドは入れて、構築的なシルエットがお薦めです。
コーディネートとしては、BL1304&1307のようにダーク系の生地にはボトムはライトグレー系を、反面BL1303のように明るい色目の生地にはボトムはダーク系の色目を合わせて、全体的にメリハリを付けると引き締まった印象を与えます。
この合わせ方はシャツにも応用可能ですし、コーディネートの基礎になりますので是非覚えておいてください。
◎For Casual
BL1300、1301、1302
カジュアルユースの場合は生地の色柄はもちろん、デザインやサイジング等、振り切った方がより雰囲気は出ます。
シングルなら3B段返り+ベスト、ダブルの6×2もアリでしょう。
肩パッド無しのマニカカミーチャ仕様アンコン仕立で軽やかな雰囲気にまとめ、サイジングはタイト&ショートがお約束です。
ここでお薦めした3種の生地、どれも一見クセのある柄ですが、それぞれの生地の挿し色に入っている同じ色目のボトムと合わせると全体的なカラーバランスが取れます。
おそらくカジュアルユースの場合、合わせるボトムはデニムをお選びになられる方が多いかと思いますが、私的にはコーデュロイがお薦めです。

<5>YOSHIMURA&SONS ~Super140’s&CASHMERE〜

佐野 東京店SHOPMASTER:佐野オススメ商品
◇Wool 80%、Cashmere 20%
◇目付:350g
シングルスーツ:本体価格98,000円
ジャケット:本体価格63,700円
スラックス:本体価格34,300円

『時代を超えて愛される王道を行くものを作る』をコンセプトに、私たちYOSHIMURA&SONSの想いとこだわりを沢山詰め込み、最高級の素材で最高峰の生地を作り上げました。

様々な生地を今年もたくさん仕入れましたが、今シーズンも、
『これを超える生地は無い。』ハッキリと断言できるほどの自信作です。

ヨシムラのモットー『お客様に寄り添ったスーツを作り上げる。』その想いを生地で表現しようと考え、《こだわり》《想い》をもって作り上げた生地ですから、ココでは語りつくせない程たくさんお伝えしたいことがあるのですが、
《YOSHIMURA&SONS ~Super140’s&CASHMERE〜》がどれほど素晴らしい生地なのか、そのポイントを3つに絞り皆さんにお伝えさせて頂きます。

《1》美しい生地を作り出す原毛

この生地の為にウールSuper140’sの原毛に贅沢にカシミヤ原毛(Super160’s相当)20%を撚り合わせた贅沢な糸を使い織り上げられています。 共に細くデリケートな原毛ですから、糸を作る際に極力テンションをかけず、原料が痛まない自然な力を掛けた程よい太さの糸で生地を織りあげていますので、膨らみのある生地が誕生し、《究極の風合い》を作り上げています。

《2》程よい重みを持つセミダブルクロス

デリケートな素材だからとて、実用性にかけてはいけない。 という事で、しっかりとしたセミダブルクロスの組織にしました。 目付350gと重量のある生地ですから、ヘタリが少なく年数が経てば経つほど、改めて『この生地の良さ』を味わっていただけます。

《3》贅沢な素材感をさらに高めるションヘル織機

原料の持っている自然な光沢感をより活かすために、生地を傷めることなくゆっくりと織り上げる《ションヘル織機》を使用し、歴史ある国内メーカーNO.1の技術力を持つ『葛利毛織』さんに、この生地を織ってもらいました。 『古き良き時代の原点に返って作られた生地』そんな生地を作り上げました。

見て触れて、纏って、そして五感全てで体感して頂くことで、よりこの生地の本当の素晴らしさを深く感じることができますので、御自身の手で是非とも直接生地をご覧頂ければ幸いです。

長い年月を共に寄り添うスーツに相応しいものとして、《ヨシムラらしい》『もの作り』を大切にした生地を作り上げました。

『王道』《黒》《紺》《グレー》3色をご用意しましたが、どれを選んでも最高の生地ですから、是非じっくりとご検討ください。

さて、ここからはいつもならば、各年代別にオススメのお仕立てをご案内しているのですが、
どの年代の方にも是非共着ていただきたい生地ですので、今シーズンは、各生地オススメのスタイルをご紹介したいと思います。

スタイリングの参考にお役立ていただければ嬉しく思います☆

おすすめ仕立て
◆YR19-901 色:黒
ダブルブレステッド or スリーピース
《黒》と言うと、どうしても、『礼服みたい、、、』と思われがちで、敬遠される方も多いのかなと感じますが、全くそうは見えないのでご安心を。
むしろ礼服の黒は、墨黒、漆黒と表現されるようにスーツ生地の黒とは違うので注意が必要です。
そんな黒色ですが、YOSHIMURA&SONS ~Super140’s&CASHMERE〜の《黒》はそんじょそこらの黒とは一味違います。
極上の原料を使い、丁寧に時間をかけて織り上げてありますので、生地の持つ風合いを最大限に活かした、美しいドレープ感のある深いクロ色を作り上げています。
瞳の色や髪の毛の色など、私達日本人は体の一部に自然と黒色がありますので《黒》はとっても似合う色と言えますね。
とは言え、ビジネスにはちょっと、、、と言う方もいらっしゃるかと思いますが、
非常にシックにそしてモダンな雰囲気を醸し出せるので、落ち着いたイメージを相手に与えることができると思います。 また、セレモニー用のブラックスーツ(慶事)としても最高です。
色気と品格をより際立たせたい方は是非この《黒》をお選びください
◆YR19-902 色:紺
ジャケットスタイル&スーツスタイル兼用
《紺》は、誰もが好きで、誰もが憧れる無敵の色。まさに《KING》と言う言葉が一番しっくりくるお色。
また、どんなスタイルにも対応できることも、この紺色の素晴らしさで、まさにユーティリティプレイヤーなところが、皆さんから愛されている由縁ですね。
そんな、《紺》ですから、スーツではなく【ジャケットスタイル】でお仕立て頂くことをオススメいたします☆
1着あればどのようにでも料理できるアイテムと言えば、、、《紺ブレ》ではないでしょうか。
このYOSHIMURA&SONS ~Super140’s&CASHMERE〜で最高の紺ジャケットをお仕立ていただければ、もうあとは何もいらないのでは、とさえ感じてしまうほど、コーディネートの幅も広く、どんなスタイルでもこれさえあればキマリます。
そして、何よりも嬉しいのは、スーツとしてお仕立てをしてからバラして使える、一粒で二度美味しいところです。
今日はカジュアルな気分な時は、《ジャケット》で、ビジネスでビシッとキメるのであれば《スーツ》でシーンに合わせてお使い頂けます。
ビジネスからカジュアルまで対応できる、まさに、今の時代にマッチした生地と言えます。
◆YR19-903 色:グレー
ダブルブレステッドorスリーピース&単品スラックス
大人の威厳と色気をより引き出してくれる色。そんな色をお探しであれば、
《グレー》を選べば間違いありません。
YOSHIMURA&SONS ~Super140’s&CASHMERE〜は、どのお色も素晴らしく甲乙つけ難いのですが、美しいドレープにヌメリのある艶感と、その霜降りの表情で生地をよりエレガントに魅せてくれるものはグレーが一番だと感じます。
オススメのお仕立ては、色気のあるダブル、もしくは、正統派のスリーピース。
時代を超えて愛される王道を行くものというコンセプトに基づく、クラシックなデザインがとってもオススメです。
また、《グレー》は、単品パンツとしてお仕立てをしても大活躍してくれます。
トップスにジャケット、ブルゾン、シャツ、ニット、カットソーと何を合わせても、それぞれのアイテムを引き立ててくれるので、使いやすくコーディネートの幅が広いお色ですから、スーツでなくともお仕立てがいのあるお色と言えます。
最近スーツは着ないからという方、カジュアルスタイルを大人っぽく綺麗に纏めたい方は是非《グレー》をお選び下さい。

<6>Ermenegildo Zegna TOROFEO(エルメネジルド ゼニア トロフェオ)

築地 東京店スタッフ:築地オススメ商品
◇W100%
シングルスーツ上下:本体価格95,000円
スラックス:本体価格33,250円


ラグジュアリーファブリックの傑出したメーカー。エルメネジルド・ゼニア
ゼニアをご紹介する際に真っ先にご紹介に挙がるシリーズの一つが「TROFEO」ではないでしょうか。
ゼニアは1910年イタリア・トリヴェロで創業。糸や原料の拘りは抜きん出ており、選びぬかれた原毛から最高級テキスタイルの供給を行い、現在進行系でメンズのドレスシーンを牽引しています。

その年の最高品質の原料だけを使って作られる「トロフェオ」。
生地表面の気品を感じる光沢感。しっとりとソフトな手触りは、触れれば誰もが納得して頂けるかと思います。

また、『最高の素材は優れたデザインを、最高のデザインは優れた素材を求める』とポリシーに掲げているように、テキスタイルデザインまでぬかりない点も見逃せません。

そんな世界のビジネスマンを虜にする「Ermenegildo Zegna TROFEOから、年代別にレコメンドスタイルをご紹介させて頂きます。

おすすめ仕立て
20代の方
ダブルジャケット6B×2、テーパードパンツ
20代の若い方もダブルジャケットにチャレンジしてみたいというお声を、良く頂きます。「TROFEO」のようなハイエンドな生地を、良いか悪いかという議論はさておき、”ファッション“として若者らしく落とし込み、パンツはテーパードさを付け、ジャケットからスラックスまで逆三角形を描くような、ラギッドな装いのドレススーツにしてしまうのもゼニア生地を用いたオーダー体験としては贅沢な一着になるのではないでしょうか。
「TROFEO」で正統派の一着を、長く飽きのこないシルエットで作りたいという20代の方も、別途、ご提案のスタイルをご用意しておりますので、安心してご相談下さいませ。
30代~40代、50代の方
シングル2Bピークドラペル&ベルトレスパンツ
“ドレス” にシフトした、フォーマルにも映える上下一揃いを、最良の原毛を用いた、「TROFEO」でお作りするのはいかがでしょうか。
街中でピークドラペルのジャケットを着用した、様々な場数とビジネスシーンにおける戦地を越えてきたであろう、ビジネスマンの方を見ると、とても風格といったものを感じます。
齢を重ねることが格好良いことであることを感じさせるのです。
そんな気品に満ち満ちた、ドレープ感光沢感のある「TROFEO」の生地で、スラックスもドレス仕様のベルトレススタイルにして、お仕立てしてみるのもおすすめです。
また、「TROFEO」は秋冬物であっても、3シーズン着用可能で、着心地の軽さも、日本のビジネスマンにも人気な所以となっております。

<7>Ermenegildo Zegna ELECTA(エルメネジルド ゼニア エレクタ)

南浦 大阪店ShopMaster:南浦オススメ商品
◇W100%
◇目付:300g
シングルスーツ上下:本体価格80,000円


今から90年以上前にオーダー専用の服地としてデビューしたELECTA(エレクタ)
このエレクタの最大の特徴は非常に強い光沢感と耐久性です。
ゼニアは自社の生地にSuper表示をしないので、正確なところは分かりませんが、おおよそSuper110'sクラスでは、と言われております。
ただcanonicoのSuper110'sと比べても格段にボリューム感があるのは何故か?
これは使用している原毛の量の差であり、canonicoのSuper110'sが目付250g前後であるのに対し、エレクタは300g前後と50gもの差があります。
目付の重い生地は保温性に優れているだけでは無く、自重により縦のラインが綺麗に見せることが出来ることとシワになりにくいメリットがあるので、出張等の移動の多いビジネスマンの冬場をスーツとしてお薦めです。
またこのエレクタの高級感のある光沢は厳選された羊毛を使用し、且つ表面の毛を極限までカットしているからであります。
今シーズンのラインナップは無地系からストライプ、まだ根強い人気を誇る格子柄まで、隙無くご用意しておりますので、安心してお選び頂けることと思います。

おすすめ仕立て
○30代の方
格子柄~ベーシックなシングル2Bで
エレクタの生地特性を生かすならブリティッシュでまとめるのが王道かと思いますが、この年代の方はトレンドを意識してクラシコイタリアライクにお仕立てされることをお薦めします。
全体的なイメージとしては軽く羽織るように
詳しくは薄い肩パッドを使用した柔らかなショルダーライン、重ね本切羽、一枚台場(丸台場)かアンコン仕立(大見返し)も面白いかも?
パンツはノープリーツで裾はダブルのテーパードシルエット
柄は個性アリの主張強めの格子柄で、ただ基本デザインは引き算コーデでシングル2Bでまいりましょう。
こうすることが柄の持つアクを和らげるコツなんですよ。
◎40代〜50代の方
無地系~トラディショナルなシングル3B中掛けで
この年代になるとやはりトレンド追従型ではなく、コンサバ上品系コーディネートがお薦め
具体的にはシングル3B中掛けでフォーマル感を出し、サイジングはストイックでは無く、程よく身体に添わせる感じで
もちろんベスト付きのスリーピースで威厳を感じさせ、ショルダーラインはしっかりと肩パッドを入れ構築的に。
撫で肩気味の方はロープドコンケープドショルダーをお入れになると男らしさが一段と増すことでしょう。
生地はベーシックで、質の良さが直球で分かる無地を強くお薦めするので、ディテールで少し色付けをしましょう。
例えばチェンジハッキングポケットや既製品と差別化出来る総ステッチ、体形に自信のある方はパンツのベルトループをキャンセルして飾り尾錠はいかがでしょうか。
30代の方とは違ってこの年代の方々は奇をてらわず、内面から出る雰囲気を生かしたスタイリングで勝負しましょう。

<8>Loro.Piana AUSTRALIS AUSTRALIS SOFT TOUCH (ロロピアーナ)

玉岡 MD玉岡オススメ商品
・AUSTRALIS(オーストラリス)
・AUSTRALIS SOFT TOUCH(オーストラリスソフトタッチ)

◇Wool 100%
◇目付 250g/m、280g/m
シングルスーツ:本体価格70,000円
ロングジャケット:本体価格50,500円

言わずと知れたイタリアンファブリック・ビッグスリーの一角ロロピアーナ社からは、YOSHIMURA&SONSのスペシャルセレクションに今シーズン初登場となるAUSTRALIS(オーストラリス)をセレクトしました。
オーストラリスは従来のスーパー130'Sの後継版として2020春夏物から販売が開始されました。スーパー130'Sとの一番の違いは、使用するオーストラリアメリノ原毛を16マイクロンに変更したことです。それによってペットネームを単にスーパー表示を130'Sから150'Sに変更するのでは無く「AUSTRALIS」としたのは、代表的なオーストラリアウールという意味合いを持たせたかったものと思われます。スーパー150'S の原毛を使用することで細く長く白度の高い糸に紡績される為、それに因って織られた生地はより光沢感が増し、陰影が奥深くなっています。繊細になったことで一つ心配だったシワ感は、原毛を紡績する際に強く撚りを掛けることで強い伸縮性を加えています。
「AUSTRALIS」は、日本の旗艦店を今年6月に今まで有った並木通り沿いから中央通り沿い松屋銀座店前に移転してタワービルと成り、ラグジュアリー感を更に増したメモリアルファブリックでも有ります。

おすすめ仕立て
◎シングル2個釦1つ掛け&ベスト&ワンタック・テーパードパンツ
コレクション全てを無地または無地ライクな織り柄デザインにして、素材の良さ、すなわち光沢感やドレープの深さを引き出しているので、スーツも上着はシンプルなシングル2個釦センターベント、ベストもVゾーンのバランスからシングル5個釦、パンツはフロントをトレンドのワンタックにしてフォルムは膝下スッキリのテーパードスタイルをお薦めします。
○ダブル6個釦2つ掛け&BOXタック+1・テーパードパンツ
クラシック回帰のファッション傾向を受けてダブルスーツを押します(毎シーズン押しているのですが(笑)実状は厳しく今シーズンこそは、、、)。パンツはここ最近一部のお洒落さんに受けているBOXタック+1を是非お薦めします。上着とのバランス良し、ボリューム感と履き心地(腰回りのユトリ感)良し、何よりフォルムが美しい(と僕は思うのですが)。
◎シング3個釦2つ掛け・ロングジャケット
このアイテムはAUSTRALIS SOFT TOUCH(オーストラリスソフトタッチ)のK20-8073・74マイクロハウンドトゥース、K20-8063・64グレンチェックがオススメです。AUSTRALIS SOFT TOUCH(オーストラリスソフトタッチ)ですが、ウーステッドのAUSTRALIS(オーストラリス)の良さはそのままで、目付を250g/mから280g/mへと原毛を加えて重くし、公開されていないやり方(どんなん?)で軽く起毛させて程良いフンワリ感がこのソフトタッチの良さでして、スーツやレギュラージャケット、単品パンツで仕立てるのは当然良いのですが、加えて特に秋から冬までの端境期が長くなった日本で、アウターとしてのロングジャケットにピッタリな素材なんですよ!素材の長所を活かすなら、レギュラー仕立てよりアンコンかマニカカミーチャ仕様がおオススメです。是非お試しください。

<9>FRATELLI TALLIA DI DELFINO(フラッテリ・タリア・ディ・デルフィノ)

大崎 大阪店スタッフ:大崎オススメ商品
◇Napoli Super 130‘S
◇Wool 100% 16柄
シングルスーツ:本体価格70,000円


イタリアのビエラ地方のミルで「Ermenegildo Zegna」「Loro.Piana」と並び世界3大ミル(毛織物工場)とも称される「FRATELLI TALLIA DI DELFINO」をオススメします。
知名度ではゼニアやロロ・ピアーナの方が上ですがタリアもその2つに負けていません。
イタリア生地と言えば、艶があり、軽くて着心地の良さが特徴ですが、そのイタリア独自の風合い(高級感)を持ちながら、華やかな色使いや上品な柄、そして丈夫で皺になりにくく耐久性にも優れているため、バリバリ働くビジネスマンの方にはぴったりのメーカーなのです。
高品質の原毛を使用し一貫体制の下で生産されるこだわりの生地は、全16マーク。
ビジネスシーンで使いやすい色柄をベースに、他のブランドにはあまり見られないタリアらしい配色がお客様を飽きさせません。

おすすめ仕立て
メンズ
K19-8956〜8958
王道の濃紺無地のスーツ地。
無地なんて面白くない、すでにお持ちの方も多くいらっしゃるでしょう。
しかしシンプルゆえにクォリティが求められるのが無地
見る人が見ればその価値が、素材の良さが分かってしまうので無碍にはできません。
お仕立てはいかようにもできますが、せっかくでしたらイタリアらしく全体に柔らかく丸みのあるシルエットのスリーピース
ジャケットの仕様はシングル3釦段返り、サイドベントで腰ポケットはフタ付で緩やかなスラント。
インナーが多少厚手になろうともベストを着ても、動作はしやすいようにショルダーラインはソフトな印象なマニカカミーチャ
ジャケットはコーディネートの幅も広がる単品使いできる仕様にいたしましょう!
いつもの肩幅(パッドを入れた仕様)よりも1~2cm狭く肩先がよりフィットするように、着丈はスーツとして着用する場合よりも若干短くコンパクトなサイズ感に仕上げることで、軽快なイメージに仕上がります。
ベストはシングル、パンツはベルトレスの尾錠付き。
細すぎない程よくドレープのあるワンタックでリラックス感を演出しましょう。
レディース
K20-8022
ミディアムグレーの落ち着いた雰囲気に、細かい千鳥格子が世代問わずお召しいただけるこちらの生地。
上品なイタリアらしい光沢感は、レディ―スのお客様にぴったりの仕立て映えする1着になることでしょう。
他の格子柄よりもインパクトはありませんが、今お持ちのインナーやシューズとも組み合わせやすく、直ぐに“ワードローブの一軍として活躍してくれる”そんな色柄です。
ジャケットのデザインはお馴染みのノーカラー(Vシェープ)。
すっきりと装飾を最小限にしたより女性らしい印象のコンパクトジャケットにいたしましょう。
合わせるパンツはハイウエストのセミワイドパンツで脚長効果とシルエット補正を。
全体に程よくゆとりを付けるため、冬の寒い日にタイツを履いても表に干渉せず歩く際にも生地がまとわりつきにくくなります。
今っぽさを反映させたデザインと、綺麗なドレープを生かすためのサイズ感で是非お試しください。

<10>葛利毛織 Super140'sフランネル

播磨 東京店スタッフ:播磨オススメ商品
【シリーズ】
・FLANNEL
◇Wool 100% Super140’S
◇目付 350g/m

シングルスーツ:本体価格70,000円
ジャケット:本体価格45,500円
スラックス:本体価格24,500円

葛利毛織は愛知県一宮市で、1912年に創業した老舗生地メーカーです。
この一宮市や稲沢市、津島市・・・の地域を「尾州と言って、日本最大の毛織物産地です。
イタリアのビエラ、イギリスのハダスフィールド、そして日本の尾州と世界的にも知名度の高い生地の産地です。
尾州のなかにあって、葛利毛織は創業当初から、ドイツ生れの、≪ションヘル織機≫を現在も使い続け、生地を生産している貴重な生地メーカーで、海外からもその織機で織り上げられた生地に魅せられてバイヤーがやってくるほど。ションヘル織機は、織るスピードが遅く、生産性の低い織機ですが、繊維が受けるダメージは少なく、そのことで原毛本来の艶や柔らかさが保たれ、耐久性にもつながり永年愛用できる服地となります。

今回、私のお薦めはションヘル織機で作られた、葛利毛織の秋冬生地を代表するFLANNEL(フランネル)素材です。
基本色と言える、黒・濃紺・チャコールグレー無地で3色ご用意いたしました。

目付は350g/mあり、密度が高く織られていますが、Super140’Sの繊細な原毛を使用しているので、柔らかくしなやかな風合いです。そして表面の毛の巻きが綺麗なFLANNELに仕上がっています。 世界一のウーステッドフランネルだと私は思います。 ションヘル織機を知り尽くした、匠の技としか言えません。 スーツ、ジャケット、コート・・・どんなアイテムでもお仕立て頂けます。 貴方が生地に触った感覚で、何を仕立てるか決めてほしいと願います。

おすすめ仕立て
30代の方
シングルジャケット2B+アウトワンタックパンツ
この年代の方には、あえて≪ジャケット&パンツ≫でお薦めいたします。スーツで仕立ててはダメです、と言っている訳ではありません。
お仕事でジャケット&パンツでも許される会社が、多くなっているとお聞きする昨今なので、着こなしの幅が広いお仕立てがよろしいかと思います。
オススメのお仕立ては、ジャケットシングル2Bサイドベンツ、腰ポケットは両玉フタ付きで。綺麗目にまとめた、ネオブリティッシュスタイルでお仕立てなさってみては如何でしょうか。
パンツはやや腿にゆとり感をだしエレガントに。
膝から裾口のラインはシャープになさり、股下やや短めのダブル折返し(4cm~4.5cm)でお仕立てください。
重要なお色の組み合わせですが、ジャケットは≪紺≫そして、パンツは≪グレー≫をお選びください。
40代の方
シングル3B(中がけ)三つ揃いアウトワンタックパンツ
リーダーとして活躍なさる貴方には、≪三つ揃えスーツ≫をご提案いたします。オフィスでの素敵なベスト姿をアピールなさってください。
上着はシングル3B中がけで、Vゾーンを少し甘く大人の落ち着きを。
ですが、腰ポケットはハッキングでアクティブさも忘れずに。ベントはサイドがいいでしょう。ベストはシングル6Bにしましょう。
パンツは、アウトワンタックでベルトレス持ち出し付き、シルエットはやや太めにされると、クラシックでエレガントな雰囲気になりますよ。シンプルで美しい生地ですから、上着の裏地に遊びを入れて拘ってみても楽しいかと思います。
50代の方〜
シングル1Bインツータックパンツ
映画化もされた小説「The Man in the Gray Flannel Suitグレーフランネルを着た男を気取ってみてはいかがでしょうか。上着はシングル1Bで衿型はピークドラペルでドレッシーに。サイドベンツにして、腰ポケットは水平フタ付きでシンプルにまとめて下さい。
パンツは、やや股上を深くしたインツータックパンツで余裕と貫禄のあるお仕立てを目指します。
ベルトレス持ち出し付き、左右にサイド尾錠を付けて、サスペンダーも忘れてはなりませんよ。
シルエットは腿を少し太めして、膝~裾にかけてはシャープになさるとレトロ感もあり、素敵な感じになります。
小説からアメリカでは将来を期待される者、幹部候補や重役を「グレーフランネルを着た男」と呼ぶそうです。

<11>CANONICO Super110's Super120's CANONICO(カノニコ)

播磨 東京店スタッフ:播磨オススメ商品
【シリーズ】
・Perennial
◇Wool 100% Super110’S
◇目付 260g/m

シングルスーツ:本体価格60,000円
ジャケット:本体価格39,000円
スラックス:本体価格21,000円

お馴染みのカノニコは、1663年に羊毛生産をはじめ、1936年イタリア北西部のビエラで広大な敷地に、紡績~フィニッシュ加工まで賄う一貫妨の生地メーカーとして創業しました。
創業者のファミリー経営で13世代続いています。生地の生産量は世界一で75%を海外に輸出しています。多くのアパレルメーカーやマーチャントのOEMも手掛けていて、品質と商品企画力の高さは他のミルより、優れていると言っても過言ではないでしょう。
この秋冬は、コスパにも優れたカノニコ素材の中から Perennial(ペレニアル) をセレクトいたしました。
一年を通してご着用頂ける生地です。ですが、日本の真夏は無理かもしれませんね。。。
イタリア生地初心者~ベテランの方まで、使い勝手よく安心してお選び頂けます。
今シーズンはベーシックな色柄を揃え、無地5色、柄物は7柄19色ご用意しております。
コロナ禍の中、厳しさのますビジネス商戦にふさわしい、実用性の高いラインナップとなっています。ご検討頂ければ嬉しく思います。

おすすめ仕立て
30代の方
シングル2Bインワンタックパンツ
まだまだ、お洒落感を出したい貴方かと思いますが、どんな人に逢っても、どんな場面でも失礼にならないベーシックなスーツを仕立ててみては如何しょうか。ビジネス上とても役立ちますよ。
何事も基本をおさえることは大切ですね。
上着は、シングル2Bセンターベント、腰ポケットは水平フタ付きにしてシンプルに。パンツは、オーダー所以のインワンタック、シルエットは膝から絞りをかけたテーパード。そして、裾口はシングルモーニングで仕立てておきましょう。目上の人からの評価が期待できますよ。お試しあれ。
40代の方
シングル2B三つ揃いアウトワンタックパンツ
会社を代表して、表舞台にも多く出られる年代かと思います。今回のコレクションは柄物でも、バーズアイ、ヘリンボーン、ペンシルやチョークストライプ、ウィンドペイン、グレンチェックと昔からある柄で色目もダークトーンで揃えましたので、肩肘張らずにご着用して頂けます。
柄物をお選びになられても誠実な雰囲気を醸し出せます。
上着はシングル2Bサイドベンツ、腰ポケットは水平フタ付きが宜しかと思います。ベストは6×5になさってください。パンツはアウトワンタックにしてベルトレス持ち出し付き、左右サイド尾錠を付けてみましょう。
見え何ところではございますが、サスペンダーをして、よりクラシカルな雰囲気を楽しんでください。
表地がベーシックなので、裏地に凝ってみても楽しいかと思います。
50代の方〜
シングル2Bインツータックパンツ
後輩と一緒に取引先やご挨拶など、訪問をする機会が多くあるかと思いますが、そんな時は派手からず地味からず、当たり障りのない色柄が望ましいと思います。 今回のカノニコはそれに適した生地が沢山あります。
オーダーの拘りを詰め込んだクラシコ仕様でお仕立てになっては如何ですか。
目立たない所に拘り、お仕立て頂くのもオーダーの一つの楽しみ方だと思います。
上着は、シングル2Bサイドベント、腰ポケットはハッキングにして、お洒落感を演出しては如何でしょう。
パンツはインツータックパンツでナチュラルフィットのシルエットにいたしましょう。 エレガントな装いは、サイジングが肝ですので、じっくりと時間をかけてお測り致します。

<12>MIYUKIKEORI(御幸毛織)

玉岡 MD玉岡オススメ商品
・御幸セル
◇Wool 100%
◇目付 255g/m


セットアップスーツ:本体価格58,000円
ジャケット:本体価格37,700円
スラックス:本体価格20,300円

この業界にどっぷり浸かっている割に知らなかった「御幸セル」。何だろう?と思っていると、、、
実は御幸毛織が創業した1905年(こちらもBOTTOLI社同様に百年以上の歴史が有るんですね)から暫くの間は「綿織物」を生産していたそうですが、濃尾地震の被害後の影響も有って毛織物生産に主流を移すようになり、その過程で開発したのが「御幸セル」と呼ばれるサージでした。御幸毛織のサージは当時の毛織物市場の覇権を瞬く間に握ったことでサージの代名詞として「御幸セル」と呼ばれるようになったんです。サージ(斜め45℃に綾を成す織り)は今では梳毛織物の代表格となって、スーツやジャケットなど沢山の毛織物製品に使われています。
今シーズン、YOSHIMURA&SONSが久し振りに取り上げた「御幸セル」はスリーシーズン着れる目付255g/mという比較的軽いサージで、無地の発色良く代表的カラーのネイビーX20-3606に、シャンブレ―ブラックX20-3607、シャンブレ―ブルーX20-3608と言うチョット凝った色出しの2色を加えて品揃えしてみました。
この色出しですが、毛織物メーカーは「水」が生命線と言われるだけあって、良質な製品を作り出すには豊富で質の良い水源が必要とされるのですが、御幸毛織では工場を置く四日市の地下水で名水100選にも選ばれた「智積養水」を使えるのも強みです。

おすすめ仕立て
◎ブレザースーツ
代表的カラーはネイビーですが、既にワードロープに有る方もシング3個釦段返り、シングル2個釦チェンジポケット付きハッキングポケット、ダブル6個釦2つ掛け、ダブル4個釦2つ掛けの中からもう1点加えてみては如何でしょうか?または、シャンブレ―ブラックやシャンブレ―ブルーでもう一着加えてスーチングやクロスコーディネイトを楽しむも良し、コーディネイト用に単品パンツや単品ベストを追加オーダーしてみるのもスタイリングの巾をぐっと広げます。
△スリーピーススーツ
スーツでは、ブルックスブラザースが世に送り出した名品、ナンバーワン・サックスーツをベースに現代のサイジングをアレンジしてみることをお薦めします。具体的には、ジャケトはシングル3個釦段返り2つ掛け、フラップポケット、センターフックベント、ドロップショルダー、ウエストシェイプ(ずん胴では無く前ダーツを入れて少し絞りを入れる)。パンツはツーインタック、フラップ付きウォッチポケット、ストレートポケット、ナチュラルテーパード、裾口ダブル。ベストはシングル6個釦襟付き尾錠付き、胸ポケット左右付きが今風アイビーモデルの気分です。

<13>葛利毛織 SCHONHERR(ションヘル)

南浦 東京店スタッフ:富田オススメ商品
【シリーズ】
・SCHONHERR(ションヘル)
◇Wool 100%


シングルスーツ上下:本体価格58,000円
ジャケット:本体価格37,700円
スラックス:本体価格20,300円

日本一の毛織物産地である尾州(愛知県一宮市周辺)。
≪ションヘル織機(低速織機)≫を使用して、時間をかけてゆっくり丁寧に生地を織りなしたこの≪SCHONHERR(ションヘル)≫は、空気を多く含み、糸を贅沢に沢山使うことにより、膨らみがあり柔らかくナチュラルストレッチが掛かった、誰が見ても『良い生地だ。』と感じる『仕立て映え』のする生地です。

インポートブランドのような華やかさはないのですが、どこか柔らかく温もりを感じる生地ですので、オーダーらしさを感じる1着とも言えますね。

また何年着ても型崩れしにくい(体系は崩れますが。。。笑&涙)と感じる私も含め、
お客様からも同じお言葉を頂く事もあり、その安心感から、1着作れば『2着目もションヘルで作ろうかな。』とお仕立てになる方もいらっしゃる程です。
それだけに、自信を持ってションヘルをお勧めします。

今季はベーシックカラーの無地の黒、紺、グレー、チャコールを中心に、
そして今季目新しいブラウン無地が登場します。
その他には、シャドーストライプの黒、紺、そしてヘリンボン柄のグレーと、ネイビーベースの繊細なラインのストライプと、明るめなグレーのグレンチェックの≪計11マーク≫のご用意となっております。

シンプルで使いやすいベーシックな色柄で今季は取り揃えましたので、
いつものワードローブに安心して加えることが出来、良い意味で飽きがこず長年ご愛用頂けることがこの生地の魅力ですね。

それでは、続きましてはレディース、メンズそれぞれの、お勧めをご提案致します。

おすすめ仕立て
レディースの方にお勧めは。。。
P20-5004(ブラウン無地)×シングル2釦クローバーカラー+4枚接ぎフレアースカート
今季流行でもあるコクのある≪ブラウンカラー≫は上品さがあり、フェミニンにまとめても、ビジネススーツと同等に見えるので引けをとりません。
またプライベートでも着回せるので、コーディネートの巾も広がり、欲張りな女性の方に(自分もですが笑)大変お勧めです。休日にはジャケットとワンピースで合わせたり、ジャケットとデニムで合わせても使えるのでとってもオススメです。
メンズの方にはお勧めは。。。
P20-5005(グレーヘリンボン)×シングル2釦アウトポケットのセットアップスーツ
コロナ禍と温暖化で一層カジュアル化が進む今日この頃、スーツはそんなに必要ない方も、いらっしゃるかと思いますので、今回は、『セットアップスーツ』でご提案します。
上着のサイズ感は少し緩めでラフな雰囲気にして、腰はアウトポケットで、ベンツはフックベンツ、そして仕上げは総ステッチ入りで、カジュアル要素をプラスすれば、いつものセットアップより、こなれたスタイリングが完成します。
もちろん単品ジャケットとしてご使用いただき、ボトムは気分によってP20-5002(黒)やP20-5003(チャコール)で合わせ頂ければ、更にお洒落度はアップしますので、是非挑戦してみて下さい。

<14>4PLY VINTAGE ARCHIVE

播磨 東京店スタッフ:播磨オススメ商品
【シリーズ】
4PLY VINTAGE ARCHIVE
◇Wool 100%
◇目付 320g/m

シングルスーツ:本体価格53,000円
ジャケット:本体価格34,450円
スラックス:本体価格18,550円

この秋冬、YOSHIMURA & SONSが初めてセレクトした、新しい素材をご紹介致します。
四っ杢糸のブレンドからデザインした、レトロでモダンな素材です。無地4色と柄1色を選びました。
昨今、温暖化でコートを着なくても過ごす事が出来ますが、目付280g/m前後の秋冬生地ですと、朝晩の冷え込みが身にしみる時がありますよね。
この4PLY Vintageはそんな心配をしなくても良い肉感の生地です。
出張時などコートは、案外荷物になり着脱も面倒だったりと、感じてしまうことがよくありませんでしょうか。
この生地は、四本の糸を撚り一本の糸にして織られていますので、しっかりとした生地感で暖冬の昨今ですから、コートの出番が少なくてすみます。
しっかりとした生地感でハリコシもあるのですが、柔らかさもありシワにもなりにくい生地という点も嬉しい生地です。

トライアルの為、色柄は少ないのですが、いろいろとコーディネートができるように選んでいます。スーツだけではなく、ジャケット&パンツの組み合わせも可能で幅広いお仕立てを楽しんで頂けます。
貴方のビジネスライフスタイルに合わせて、お楽しみ頂ければ嬉しく思います。

おすすめ仕立て
30代の方
シングル2B三つ揃いアウトワンタックパンツ
これまで、タイトなスーツをご着用なさっていた方に、この生地が醸し出すレトロな感じを楽しんで頂きたい。
上着はシングル2Bでサイドベンツ、腰ポケットはチェンジポケットに、ベストはダブル6×3で。
パンツはアウトワンタックにして、ベルトレス持ち出し付き、左右サイド尾錠を付けてみるのもオーダーらしくてよろしいかと思います。 お持ちであれば、サスペンダーをしてみるのもレトロな雰囲気を演出するにはもってこいかと。
サイズ感は、上着もパンツもタイトから、ナチュラルフィットで流行を取り入れましょう。
40代の方
シングル3B(段返り)アウトツータックパンツ+ベスト
公私共々、アクティブに活躍なさる貴方には、スポー ティーな雰囲気をご提案致します。
上着は3B(段返り)サイドベンツ、腰ポケットをパッチポケットにし、裏仕様は大見返して肩パットなどの附属をなくし極力軽いお仕立てに。
更に立体感のある総ステッチにしてみましょう。
パンツは、アウトツータックパンツにして程よいゆとりをもたせてください。そして、同生地の色違いで、襟付きシングル6×5のベストを仕立てておきましょう。
オッドベストはコーディネートのエッセンスとしてお持ちになることをオススメ致します。
更に予算に裕があれば、色違いでパンツをもう一本ご用意なさると、数通りのコーディネートを楽しんで頂けます。
プライベートでもそれぞれを使用できるので、とっても経済的です。
50代の方〜
ダブル6×2Bインツータックパンツ
この年代になれば、ビジネスでダブルブレストのスーツをお召しになる事が、できると思うのですが如何ですか。
ビジネス用にダブルブレストのスーツを持っていると、気分転換もできますよ。
4PLY Vintage生地で、お仕立てになると、威厳がある重たい雰囲気のダブルが、優しく柔らかな雰囲気のスーツに仕上がると思います。
ご提案として上着は、ジャケットとしてご使用できるように、附属類をなくし柔らかなお仕立にしましょう。ベントはサイドがいいでしょう。
腰ポケットはパッチポケットにしておき≪ジャケット感を演出≫することを忘れずに。
パンツはインツータック、ベルトレス持ち出し付き、左右にサイド尾錠をあしらえましょう。
色違いでパンツをお仕立てになれば、スーツそしてジャケット&パンツで楽しむことができますよ。着こなし上手になりましょう。

<15>VINTAGE VIGHTEXORIGINAL w100%

南浦 大阪店ShopMaster:南浦オススメ商品
【シリーズ】
・Vightex Wool 100% 4色柄
・Vintage Wool 100% 2色柄
・Super 100‘S Wool 100% 1色柄

シングルスーツ上下:本体価格43,000円・48,000円

日本の国産生地と言うと、御幸毛織、日本毛織や葛利毛織さんをイメージされる方が多いかと思いますが、有名処の機屋(はたや)さんにもクオリティ面では引けを取らず、プライス的には非常に魅力のある生地が当社のVIGHTEXORIGINALシリーズです。
日本の生地産地である愛知県一宮市にある中堅処の機屋さんとタッグを組んで、糸の選定かたデザイン決めまで自社内で行った、思い入れの強いシリーズであります。
そのコンセプトは一言で表すなら質実剛健、非常に耐久性に優れた生地でありつつ、個性的な柄を揃えました。
今シーズンは全7マーク、目付はしっかりとある男っぽい力強さのあるストライプ系の生地が中心となっております。

おすすめ仕立て
◎20代の方
ベーシックなピンストライプを
この年代の方がスーツに対して求める要素として、耐久性はかなり上位に入るのは間違いないでしょう。
もちろんこの年代の中にもコンサバティブな感性をお持ちでいらっしゃる方も多いでしょうから、そのような方にはG1037,G1038,G1054のベーシックなピンストライプをお薦め致します。
基本ビジネスシーンに於いては問題のない柄であり、柄的にも、物性的にも安心してお召し頂ける生地です。
この辺りの生地をお選びになられる方は極端なタイトシルエットと言うよりかは、長く着ることの出来るデザインやサイジング をお求めかと思いますので、ミニマリズムの観点から無駄を省いたシングル2B+パンツの裾はシングル、本切羽やお台場仕立ては付けずに、予算が余ればスペアパンツを合わせて仕立てて10年選手のスーツを目指しましょう。
◎30代の方
個性的なVINTAGE柄を
無地やベーシックなストライプなど一通りお持ちでいらっしゃるかと思われるこの年代の方にはこの価格帯の生地で1ランクステップアップされてはいかがでしょうか。
7万円overの生地ですと一言でチャレンジと言ってもなかなか踏ん切りがつかないかと思いますが、この辺りのプライスだと割と勇気を振り絞りやすいと思います。
お薦め致しましたこのVINTAGE柄ですが、確かに+αで入っている1色が個性に一役買っておりますが、スーツになるとあら不思議、程よいアクセントになるんです。
ワードローブは振り幅を少しづつ少しづつ広げていく感じで揃えていくと、着回し力も合わせて付くのでお薦めです。

<16>VIGHTEX ORIGINAL C-LINE Super100’s

富田 東京店スタッフ:富田オススメ商品
【シリーズ】
SUPER100`S
◇Wool 100%


シングルスーツ上下:本体価格43,000円
ジャケット:本体価格27,950円
スラックス:本体価格15,050円

毎シーズン定評のある≪VIGHTEX ORIGINAL C-LINE≫は、オーダーが初めての方に、とってもオススメです。

そのオススメの理由を上げますと、、、、
先ず、生地の打ち込みがしっかりしているため丈夫で耐久性があり、シワになりにくく、大変実用性に富んでいる点で『仕立て映え』する生地です。

そして、これは大変重要かと思いますが、オーダースーツとしては、お財布に優しい価格帯ですので、『お値段以上』を約束してくれると言っても過言ではないところです。

オーダースーツ入門者以外にも、学生の就活用や社会人になったばかりで、とにかくスーツの着数がいる方、外回りの多いアクティブな営業職の方にも大変お勧めの生地です。

そんな、≪VIGHTEX ORIGINAL C-LINE≫のズラリと揃ったラインナップをご紹介しますと、黒、紺、グレーを中心とした中に、王道のストライプ並びにシャドーストライプやシャドーチェック、そして中細ラインのヘリンボン等、ベーシックに使いやすい色柄の生地がメインです。
そしてその他にも、格子、グレンチェック、杢の幅広く≪計24マーク≫とバリエーションで選べる生地が豊富なのも嬉しいところですね。
スーツはもちろん、単品ジャケットから、単品スラックス等、お好みに合わせて色々なお仕立てをお楽しみいただけます。
コスパに優れたVIGHTEX ORIGINAL C-LINEを是非お手に取ってご覧になってください。

それでは、続きましてレディース、そしてメンズそれぞれの、お勧めの生地とお仕立てをご案内致します。

おすすめ仕立て
レディースの方にお勧めは。。。
C20-5020(グレー×ブラウン千鳥)×ダブル仕立て6×4釦ピーク衿+太めパンツ
少し緩めなサイジングにすることで、クールでシャープな雰囲気のピーク衿もソフトに見えるため、ビジネスでもプライベートでも活躍できる万能な1着に仕上がります。
寒くなる頃には、バイカラーのハイゲージのニットと合わせても相性がいいので、
その日の気分に合わせた、自分らしさを楽しめる装いができます。
着回しが効くジャケットを一つワードローブに加えると、色々なシーンで使えるため1着持っていると大変便利ですよ。
メンズの方にお勧めは。。。
C20-5017(グレー杢)×シングル2釦+1タック深めテーパードパンツ
今季お勧めの『プレントーン』 (遠目では無地に見えるけれど、近くで見れば柄もの)で、スーツでもジャケットでも両方使えるので、シーンによって着こなしを楽しんで頂けます。
ビジネスウェアのカジュアル化が進む中、ON / OFF兼用で2パターン活用できるのは、お財布にも優しく、正に『お値段以上』ですね。
ビジネスシーンではロンドンストライプシャツにネイビーのネクタイで合わせてもいいですし、オフの日にはインナーにボルドーカラーのタートルネックで合わせれば、
今季らしくまとまりますので、とってもオススメですよ。

<17>VIGHTEX ORIGINAL WOOL&POLYESTER

築地 東京店スタッフ:築地オススメ商品
◇W60% P40%
◇目付:285g
シングルスーツ上下:本体価格37,000円
ジャケット:本体価格24,050円
スラックス:本体価格12,950円

長年愛される「YOSHIMURA&SONS」オリジナル企画、≪VIGHTEX ORIGINAL≫
ウールが備える弾力性吸湿性保温性とポリエステルの防シワ性、速乾性、軽量さ。 双方のメリットがブレンドされたこちらのオリジナル生地は、国産の織物工場と連携して編み出した、織り成したからこその、日本のビジネスシーン適合した普段使いのスーツとして、お客様のワードローブの即戦力として活かせる素材です。
「VIGHTEX ORIGINALは日本の数少ない毛織物産地として有名な愛知県一宮市の伝統ある織物工場と組んで、原料の糸から色柄を決するデザインの組織までもコントロールして「熱い思い」を込めて作り上げた品です。
オーダーが初めてという方にも、最初にセレクトする生地として、機能性の高さコストパフォーマンスの良さから、自信を持っておすすめさせて頂いております。
色柄も無地、小紋、ストライプの他、クラシカルなグレンチェックなどから、定番的な色目をご用意しております。

おすすめ仕立て
20代の方
シングル2Bノッチドラペル&テーパードパンツ
20代の方におすすめできるのは、先ずはネイビーの色目を究めるということを個人的におすすめしています。ネイビースーツに合わせたシャツ、ネクタイを選び、小物関係の鞄、ベルト、ドレスシューズの複数のコーディネートバリエーションを揃え、その日の着用シーンによって使い分ける事に慣れると、いつでもグレーやブラウン、ブラックにシフトチェンジ出来るからです。
嘘のようなホントなので、ご参考にして頂ければ幸いです。
シルエットはフレッシュかつ爽やかな印象づけですと、Vゾーンの深い2つ釦のジャケット、スラッと見えるテーパードを効かせたパンツシルエットが好評です。
30代〜40代の方
シングル3Bベステッドスーツ
肌寒さもある秋冬だからこそ着用シーンが増える、ベストを含めた3つ揃えのスーツはいかがでしょうか。
「VIGHTEX ORIGINAL」の生地ではプラス10,000(税抜)でベストもお作り頂けます。
コストパフォーマンスに優れますが、オーダーならではのサイジングが肝なので、サイズの合った衣服は、上品さが漂います。
30代~40代の方には、昨今のドレス市場の時流に則るなら、タイトにせず、適度なゆとりで、といったサイズ感が、今年らしさという点も演出出来るのではないでしょうか。ベストを付けるのであれば、敢えて3つ釦のジャケットにしてVゾーンを狭く、カッチリ、方向性を固めてしまうのもまた一興と言えるかもしれません。