HOME > ネクタイ > 2020年秋冬新作ネクタイが入荷しました。

2020年秋冬新作ネクタイが入荷しました。

2020年9月18日更新


9月も中旬に入り、心地よい秋の風を感じられるようになり随分と過ごしやすくなってきましたね。
1年の中でも個人的には1番大好きな季節になってまいりました。(聞いてないですね。。。)
読者の皆さんの好きな季節はいつでしょうか。できれば《秋》を選んでもらいたいなと思います。

何故かと言うと、、、本格的に衣替えがスタートする季節、《ファッションの秋》だからです!!!(今年は例年にも増して言っているような気もしますね。)

長らくノーネクタイで寂しかったVゾーンからいよいよ待望のタイドアップシーズンが始まりますね。

これからの『ファッションの秋』にふさわしい皆さんの胸元を華やかに演出する当社オリジナルネクタイ《2020年秋冬物新作》が入荷いたしましたのでご紹介いたします。

コロナ禍で在宅が多くなったから、、、とは言え、ネクタイをすると気持もビシっと引き締まり在宅ワークの生産性が上がるかも、、いや、きっと上がりますから、手軽にお洒落&集中力を上げるファッションアイテムとして、1本?!いや、毎日締めるものですから、5本?!何本もあっても損はないとアイテムがネクタイです☆

そんな、オリジナルネクタイ秋冬新作ラインナップの中でも注目したいのは、2020年のキーワード《カジュアル》にスポットを当てた、ジャケットスタイルや、シャツスタイルにリラックス感と遊び心を加えてくれる、《クレストタイ》です☆

アニマル柄やバード柄やクルマなどカジュアルな雰囲気が特徴的なクレスト柄は、コーディネートにヌケ感やこなれた感を演出してくれるので注目していきたい柄ですね。

ジャケットスタイルはもちろん、シャツスタイルでニットのカーディガンと合わせてみたりと、楽しんでネクタイを締めて頂けるかと思います。(カントリー風の装いなんかも素敵ですね〜。ツイードや、ローゲージのニットなんかに合わせたいです。)

もちろんスーツスタイルにもOKですから安心して下さいね☆

カジュアルだけではなくもちろん、フォーマルなタイドアップスタイルにも最適な、定番のソリッド(無地)タイプに始まり、大柄なペイズリー、シンプルなドットにクラシックな小紋柄と、その他にもオススメは沢山あります。

今年の秋冬ラインナップは、なんと総柄『92柄』と今までにないボリュームとなっておりますので、きっとお気に入りの1本が見つかるはずです!!!

MADE IN ITALY の生地を最大限に活かした≪MADE IN JAPANクォリティー≫で作り出される美しいディンプルは、胸元を華やかに演出し、スーツスタイル、ジャケットスタイル、そして、シャツスタイルにエッセンスを加えてくれることでしょう。

一度締めるときっとあなたも虜になるオリジナルネクタイのお値段ですが、 《4,900円》(税抜)と価格以上の価値ある作りでご用意。

WEBでのご注文も承っておりますが、お近くにお立ち寄りの際は、是非、足をお運びいただき、どうぞお手にとって商品をご覧ください。

なお、素材提供は今回もイタリア コモにある1898年創業のCATENA社です。

少人数の家族経営的な機屋(はたや:生地織りメーカー)ですが、多品種小ロットの生産が出来るため、日本国内の各セレクトショップがこぞって利用しているメーカーです。
品質的にはシルク100%素材を中心に凝ったジャカード織りが得意で、価格的には国内販売価格が10,000円前後の物を作っています。

それでは説明が長くなりましたが、以下新柄商品のご紹介です!!!
商品は、各店舗にて販売しておりますが、全店舗に全種類の在庫はありませんので、ご注意下さい。
ご注文等は品番をご連絡頂ければネットでも承っておりますので、お気軽にお申し付け下さい。

また、コーディネートにお迷いの方は、いつでもお気軽にご相談下さい。

ネクタイの柄

無地 ネクタイ

ZN20-601 無地 ネイビー

ZN20-601 無地 ネイビー

TPOを重視するビジネスシーンにおいて、ネクタイは内面を外に表す大事な要素。深みのある濃紺の無地には自身、また相手からも『気持ちを引き締める効果』があります。大事なリモート商談でここぞという場で身に付けられるのも、逆に真摯な対応を迫られる場面でも、ネイビーは必要不可欠です。オックス織なので崩して遊ぶのも手ですが、ここはシックに紺無地スリーピース、小剣をわざとずらしディンプルをさりげなく主張させてみてはいかがでしょうか。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-602 無地 ダークグレー

ZN20-602 無地 ダークグレー

オックスシルクのグレータイで、ツイル織のグレーと違い『静謐で落ち着きのある質感』に好感を持ちます。週の中日、マイルストーンで気分を変えてみようと思える一本で、ソフトな触りによりグレーならではの冷静沈着的な印象を抑え、落ち着きから垣間見える親近感はぐっと増します。ディンプルの陰影が深く見えるところも良し、膨張色でもあるグレータイの結び目は小ぶりに強く結ぶのが、スッキリ見えるコツです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-603 無地 グリーン

ZN20-603 無地 グリーン

ネクタイで一番重要なのは色。2020年のラッキーカラーはグリーンです。グリーンには成長を促し元気を回復させ、『枯れかけている運気を蘇らせるパワー』がある、などと運気ありきで選ぶのは一概には断言できませんが、グリーンは自然の色なので顔映りも然り、紺・グレー・ブラウンのスーツとは非常に相性よく見えます。穏やかで話しやすい印象を与える色、先様を安心させる色、またトラブルを避けたい日などに合わせるとより緑が表情として引き立ちます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-604 無地 レッド

ZN20-604 無地 レッド

自信の表れでもあるレッドタイには、『印象をがらりと変える力強い効果』があります。情熱を表すだけでなく気持ちを前向きにする力もあり、まさに秋から年末納めにかけのハードワークにオススメです。オックス織なので、フランネルのネイビーチョークストライプやミルドのグレー三つ揃など、秋冬らしく温かみがあり季節感のある着こなしがグッド。季節を感じさせるコーディネートの幅がふくらむ万能タイ、一本は持つべき重要アイテム間違いなしです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-605 無地 グレイ

ZN20-605 無地 グレイ

自分の感情を読まれたくない、トラブルを避けたい日には間違いなしのクールなネクタイ。畏まりすぎず仕事に臨む為にも、Vゾーンの冷静な装いは必要ではないでしょうか。ネイビーとの色合わせは抜群で、主張を抑えた隙のない着こなしでも適度な存在感を漂わせます。日頃ダーク系のネクタイが多い方へは特にオススメ。フランネルやツイードなどの温かみのあるジャケットが、『シャープで鋭い印象』を与えます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-606 無地 ベージュ

ZN20-606 無地 ベージュ

ヴィンテージ感のある味わい深い表情のネクタイです。太陽色であるベージュは自然と着こなしにマッチし、決して目を引くだけではない、計算された遊び心は『静謐で穏やかな印象』に。胸元をモダンに飾るVゾーンはスタイルをワンランクアップさせてくれます。グレーのニットスタイルや秋口のカーディガン、ジャケットではオーバーチェックなどとの大胆な組み合わせが、ベージュタイを上品に引き立たせます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-607 無地 ネイビー

ZN20-607 無地 ネイビー

濃いネイビーをベースに薄いスカイブルーを織り交ぜることにより、独特な凹凸感が美しいこのネクタイ。全くの無地ではないので、結び目には奥行きが生まれます。オススメのコーディネートは若干明るめなネイビースーツにブルーと白の幅広ストライプシャツを合わせたスタイル。爽快でストレートな胸元にこのタイを差し込めば、ゾーンを端整で凛々しくアップデートしてくれるでしょう。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-608 無地 パープル

ZN20-608 無地 パープル

艶やかなブルーに近いパープルに、落ち着いた雰囲気のボルドーを織り交ぜたこのネクタイ。オススメのコーディネートは、ブラックスリーピースに白シャツを合わせたシックなスタイル。程良い光沢感があるこのパープルネクタイは色気と大人の深みを演出してくれます。パープルに苦手意識がある方も多いと思いますが、どんな色のスーツと合わせても存在感を放ち、艶っぽい個性を出してくれるこの1本は必須アイテムです!

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-609 無地 ネイビーブラウン

ZN20-609 無地 ネイビーブラウン

しっかりと濃いネイビーにブラウンを織り交ぜ、渋い色合いの仕上がりになっているこのネクタイ。艶感のあるチャコールグレーのダブルスーツに白シャツを合わせた、色気のあるドレッシーな胸元スタイルがオススメです。程良い光沢感もあるのでお仕事にはもちろん、夜のシーンでも活躍してくれるでしょう。お手持ちのネイビー無地ネクタイとは一味違ったコーディネートが楽しめる1本となっています。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-610 無地 グレイ

ZN20-610 無地 グレイ

濃淡がはっきりしているグレーグラデーションの配色が上品さを出しているこのネクタイ。他の色のネクタイと比べると一番柄が浮き出て凹凸感を楽しめます。派手すぎない太めなピッチのストライプネイビースーツにサックスブルークレリックシャツを合わせたコーディネートがオススメ。グレーのスーツに差し込んでワントーンコーデもGood!主張が強すぎず、周囲の色を引き立ててくれる、万能で優秀なネクタイです。あらゆるシーンで使用できるので1本は必ず用意しておきたいですね。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-611 無地 ブルー

ZN20-611 無地 ブルー

爽やかで青空のような、パッと目の冴えるブルーが綺麗なこの1本。チェック柄のグレースリーピースに白シャツを合わせたスタイルがオススメ。ブルーのネクタイは定番色ですが、少し薄めのブルーも織り交ぜているのでお持ちのブルーネクタイとはまた違ったタイドアップスタイルが楽しめるはずです。ドレッシーでいて気さくな雰囲気を出せる便利なゾーンを構築してみて下さい。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-612 無地 レッド

ZN20-612 無地 レッド

力強く鮮やかなレッドに、まとめ役のネイビーが織り交ざり大人な風合いに仕上がっているこのネクタイ。艶があるブラウンのスーツに差し込んで暖色系でまとめたエレガントなスタイルもよし、ネイビースーツに差し込んでパワー系ゾーンを構築するのにも最適です。プレゼンテーションや商談など、重要な場面で頼れる相棒になってくれることでしょう。

→ネクタイ発注フォーム

ヘリンボーン ネクタイ

ZN20-613 ヘリンボーン 紺

ZN20-613 ヘリンボーン 紺

定番のネイビーカラーは普段使いしやすく、知的で信頼感を出せるカラー。ネイビーやグレーはもちろんブラウン等様々なカラーのスーツに合う事間違いなし!スーツにストライプやチェックの柄が入っていても喧嘩する事なくコーディネートできる、1本は欲しいオールラウンダーなネクタイです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-614 ヘリンボーン 水色

ZN20-614 ヘリンボーン 水色

爽やかな水色のヘリンボーンで清潔感を演出できるネクタイ。オフホワイトのジャケットやダークスーツの差し色としても活躍してくれます。ブルーのクレリックシャツと合わせて色の統一感を出してみてはいかがでしょうか。フレッシュさを出したい10〜20代の方におすすめしたい1本です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-615 ヘリンボーン 赤

ZN20-615 ヘリンボーン 赤

目を引く赤色は、商談等の積極性を問われる場面に最適です。ダークネイビースーツと合わせて気を引き締めたVゾーンを演出したり、ジャケットでは赤系や紺ブレとの相性も抜群です。控えめな柄の為、大柄のチェックや千鳥柄と合わせてもお洒落です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-616 ヘリンボーン 緑

ZN20-616 ヘリンボーン 緑

スーツに合わなそう…と敬遠されがちなグリーンですが、ブラックスーツとの相性が良く、その他にもチャコールグレーの無地やヘリンボーン柄の差し色としても活躍してくれる1本です。また、カジュアルな装いのジャケット×チノパンと合わせて、普段と違うラフさを演出したい時にもオススメです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-617 ヘリンボーン 茶

ZN20-617 ヘリンボーン 茶

落ち着きの中に上品さを兼ね備えたブラウンタイは、見る人に安心感与えます。ともすると年配の方のカラーとしてイメージされがちですが、近年は様々な年代の方に人気が出てきている今注目のカラーです。主張が控えめなヘリンボーン柄は色柄問わず、ちょっとした変化を楽しみたい時にオススメの1本です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-622 ヘリンボーン 紺×ライトブルー

ZN20-622 ヘリンボーン 紺×ライトブルー

まさに最旬トレンドカラー「クラシックブルー」が表現されたネクタイです。普段、柄物のネクタイを着用されない方でも、無地感覚で使用して頂けます。紺とグレイッシュなライトブルーの色使いでとても清潔感があり、商談などの大事な場面でも誠実な印象を与えること間違いなしです。ネイビー系のスーツにもグレー系のスーツにも合う万能タイプですので、是非ご自身のスーツに取り入れてみて下さい。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-623 ヘリンボーン イエロー×グレー

ZN20-623 ヘリンボーン イエロー×グレー

接近すると大胆な構図の織りに見えますが、離れるとイエローとグレーが相乗効果を発揮し絶妙なバランスのカラーとなっています。つい手に取ってシャツに合わせる動作をしてしまいそう…笑。織りが強調し過ぎないので、無地のネクタイ同様に様々な柄のスーツと好相性です。カラーコーデ的にはグレーのスーツとグレーのストライプシャツを合わせて楽しんで頂きたい1本です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-624 ヘリンボーン ブラウン×ホワイト

ZN20-624 ヘリンボーン ブラウン×ホワイト

温かみのあるブラウンと白の共演。今までブラウンに挑戦してこなかった方でも、ベーシックな柄なのでコーディネートに取り入れやすい1本になっております。今シーズンも人気継続のブラウンスーツと合わせても◎、ネイビー系のスーツとホワイトカラーシャツを合わせてシックな大人の着こなしもGOODですね。ジャケパンコーデにも最適ですので、是非どうぞ。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-625 ヘリンボーン ワインレッド×ホワイト

ZN20-625 ヘリンボーン ワインレッド×ホワイト

上品なワインレッドにホワイトのネクタイです。雑誌で特集が組まれるほど、今シーズンのキーポイントカラーでもあります。深い色なので、グレー系のスーツやブラウンスーツに合わせても見事にはまります。ワインレッドの反対色のブルー系のジャケットと合わせて華やかなコントラストを楽しむのも◎ですよ。色に抵抗がある方でも、是非挑戦して頂きたい1本です。大事な場面でお使い下さい。

→ネクタイ発注フォーム

レジメンタル ネクタイ

ZN20-618 レジメン 紺×スカイブルー・白

ZN20-618 レジメン 紺×スカイブルー・白

ド定番の配色ながらダークネイビーの光沢感が、ベタな雰囲気になるのを抑えてくれています。真面目で誠実なイメージですが、簡単に妥協しないしっかりした自信や意思が感じられる仕上がりです。どうせならネイビーの無地のスーツと、ホワイトベースに細いストライプのシャツで合わせましょう。かなりストイックな印象が作れます。ここ一番の大事なシチュエーションで第一印象を上げてくれる事でしょう。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-619 レジメン ワイン×ラベンダー・白

ZN20-619 レジメン ワイン×ラベンダー・白

ネイビースーツにエンジのネクタイと言えば無難の代名詞のように言われますが、このネクタイは違います。エンジではなく厳密には明るめのバーガンディ。この色もアイキャッチ度が高いですね。あくまでもワインカラーですが、赤と同様かそれ以上にパワーコーディネートが可能です。というより、無難なスーツがこの1本でパワースーツに変身できてしまいます。Vゾーンのアクセントに困ったらこれです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-620 レジメン チョコ×サーモンピンク・白

ZN20-620 レジメン チョコ×サーモンピンク・白

このレジメンタルタイのシリーズは、Vゾーンのアピールや、アイキャッチが目立っていますが、このブラウンのレジメンタルタイはちょっと違います。あくまでお洒落なコーディネートを目指せます。例えばネイビーやブラックのギンガムシャツとのコーディネート。例えばデニム風のシャツとのコーディネート。この辺りを押さえれば、一気に上級者の仲間入りです。無難とは縁遠い1本になる事請け合いです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-621 レジメン ロイヤルブルー×紺・白

ZN20-621 レジメン ロイヤルブルー×紺・白

まずはこの発色です。色の主張が強すぎず、かといって弱くもない。丁度いい塩梅なんです。しかも、印象がエレガントで上品。通常のネイビーやグレーのスーツなら、色のトーンや柄を問わずこのイメージは崩れません。もちろんブラウン系との相性もバッチリです。本当の意味でのオールラウンドプレイヤーです。これは是非クローゼットの中に加えて欲しい1本です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-626 レジメン 濃紺×ブルー

ZN20-626 レジメン 濃紺×ブルー

深いネイビー地に淡いブルーのラインを配色。同系統のカラーリングなので、コーディネートへの取り入れやすさは抜群です。どんなシーンでも気負った感じのない自然体を演出できます。ネクタイのノットをしっかり作ればカッチリした雰囲気を演出し、オケージョンを選びません。ネクタイの淡いブルーの色を拾ってサックスブルーのシャツを合わせ、ネイビースーツを着用すればトーン・オン・トーンの知的なスタイルの完成です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-627 レジメン ネイビー×レッド

ZN20-627 レジメン ネイビー×レッド

色のコントラストが明確な、綺麗な赤のラインの入ったネイビーのレジメンタルタイ。地色のネイビーもやや明るくしてあるので、スポーティー且つフレッシュな印象が強いです。赤などの暖色を顔周りに持ってくると華やかな印象を与えられるので、狙ってスタイリングに取り入れたい一本です。特に印象を強めたいシーンでは、濃色の5ミリ幅位のロンドンストライプのシャツを合わせてみると、いわゆる「衣服が名刺代わり」になり着用者のキャラがより一層引き立たちます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-628 レジメン ブルーグレー×ブラウン

ZN20-628 レジメン ブルーグレー×ブラウン

「ちょっと女性ウケも考えたいんです。笑」これは紳士が装いに拘る理由の一つとしては、充分ではないでしょうか。スーツスタイルに詳しくない女性でも、男性をサラリと褒めやすく、好印象も受けやすい。ブルーグレーはそんな色の一つです。ストライプ部分に、明るめのブラウンを配しているので、爽やかで、どこか優しげな印象を与える一本となっています。サックスブルーのシャツでは、色が同化してしまうので、白か、白ベース多めの柄シャツであれば好相性です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-629 レジメン グレー×パープル

ZN20-629 レジメン グレー×パープル

チャコールグレーをベースに、発色をハッキリさせたパープルのライン。実際に見てみて、「この2色って、こんなに相性が良いの!?」と驚かれる方も多い配色ではないでしょうか。冬場のレディース服では割と見かける色目ですが、まだメンズ服では大きく浸透していると言い難い色目です。故に、この上品でクラシックな配色は、着る人、見る人、両方が新鮮に感じる一本です。何気に白シャツ、サックスシャツのどちらにも簡単に合わせやすいのも、このネクタイの売りです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-630 レジメン ボルドー×ブルー

ZN20-630 レジメン ボルドー×ブルー

やや暗みを帯びた、落ち着いた赤いボルドーをベースに、ブルーのコントラストがくっきりとした一本です。ネクタイの中の色同士がハッキリとしていますから、明るいジャケットを合わせると少し快活な印象に。また、黒に近いネイビーやグレーのジャケットを合わせると、風格のある印象になります。そんな不思議な二面性を持った、少し遊び心のある配色です。赤みがスパイスとして効いたネクタイですから、さりげなくソックスやチーフなどに赤を取り入れて、少し小技を使うのもアリかと思います。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-631 レジメン ブラウン×ブルーグレー

ZN20-631 レジメン ブラウン×ブルーグレー

ブルーグレー×ブラウンを逆配色にしたパターンです。こちらはややブラウンのトーンが濃くなっております。ブラウンの面積が多いので「アズーロ・エ・マローネ」にのっとり、ネイビースーツを合わせるのも良し。また、春夏から続くトレンドの傾向であるブラウンスーツに合わせ、タイとシャツのVゾーンをブラウンの階調で立体感を作り、シックに合わせるも良し。工夫を凝らすのが楽しい一本です。シャツはシンプルでいいので、想像しているよりは万能な一本です。

→ネクタイ発注フォーム

小紋 ネクタイ

ZN20-632 小紋 ネイビー

ZN20-632 小紋 ネイビー

濃紺の深みは自信の表れ。紺地にあしらわれた小紋のアクセントは相性抜群。堅苦しさを程よく取り払い、『さりげない余裕感』を表現します。こだまでしょうか、いえ、濃紺です。濃紺は万能であるからこそ、最もバランスのとれたネクタイと言えます。紺=マンネリなのか?マンネリで大いに結構。定番があるのは全然恥ずかしくない、身に着ける本人の気持ちが新しければ、定番こそ新しく感じられます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-633 小紋 ペルシャンブルー

ZN20-633 小紋 ペルシャンブルー

ヴィンテージ感のある、味わい深い表情の藍色ネクタイです。上品かつ落ち着いた配色はコーディネートの幅も広く、スーツはもちろんジャケットスタイルでも活躍します。『主張を抑えた隙のないクラシカルな印象』に。日常に溶け込むネクタイとしての合わせやすさは十分の理、一本でふり幅の効く万能さはピカイチではないでしょうか。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-634 小紋 エンジ

ZN20-634 小紋 エンジ

季節柄、こうした暖色であるエンジ色がビジネスシーンに好まれます。柔らかな暖色系でも特に秋冬シーズンを背負った、ファッショナブルな色目が好評のアイテム。ジャケットとは反対色であることが多いエンジは、スリーピースでVゾーンを小さく際立たせると程よい主張と小気味の良いシンプルさでまとめやすくなります。『温かみのある印象』は女性の心をそっと掴みます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-635 小紋 ブラウン

ZN20-635 小紋 ブラウン

秋の紅葉が近づき寒くなる頃、そっと巻きたくなる差し色ブラウン。温かみを活かしミディアムグレーやチャコールのスーツで合わせるのがセオリーですが、ここはあえてジャケパンやニットスタイルで。ワイドチェックなど、柄で勝負したジャケットが程よくネクタイを活かします。『オンオフ切り替えの上手いアイテム』としてご活用ください。秋口から春先にかけ、もはや定番であるブラウンタイ、リアルクローズにぜひ一本。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-636 小紋 ネイビー×レッド

ZN20-636 小紋 ネイビー×レッド

ネイビーにレッドの小紋柄が配置された、コントラストが美しいこの1本。明るすぎないレッドの小紋柄が、このネクタイを上品にまとめ上げています。オススメのコーディネートはブラウンのチェック柄ダブルジャケットに細めのブルーストライプシャツ、グレーのパンツを合わせたスタイル。ネクタイに存在感があるので柄×柄でもしっくりまとまります。渋色ブラウンスタイルで大人の色気を上品にアピールしてください。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-637 小紋 ブルー×薄ブルー

ZN20-637 小紋 ブルー×薄ブルー

誠実でクールなブルーと、自然に馴染む薄めのブルー小紋柄が爽やかな印象のこのネクタイ。程良い光沢感が気持ちの良い1本です。ネイビーの無地スーツに清潔感のある白シャツを合わせた王道な同系色のスタイリングがオススメ。紺×白のきちんと感が第一印象の好感度を上げてくれるので、初対面の人と会う時や大勢の人が集まる会食などに大活躍してくれることでしょう。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-638 小紋 ネイビー×ブルー

ZN20-638 小紋 ネイビー×ブルー

深みのある暗めの落ち着いたネイビーに、少しだけ明るさをプラスしたブルーの小紋柄が大人な雰囲気を演出しているこのネクタイ。オススメコーディネートは深めのグリーンコーデュロイセットアップにピッチが太いブラウンストライプの白シャツを合わせるスタイル。知的なムードのゾーンを演出できます。いち早く季節を先取りして周囲からの注目度をグッと上げていきましょう!

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-639 小紋 グリーン×ブルー

ZN20-639 小紋 グリーン×ブルー

ネイビーのヴェールをまとったモスグリーンに、落ち着いたブルーの小紋柄が気持ちの良いアクセントを加えてくれるこの1本。珍しい配色が周りの目を引きます。オススメのコーディネートはクラシックなチャコールグレーのスリーピースに白シャツを合わせた大人スタイル。タイとのコントラストを上手く活用して、印象に残るゾーンを構築してみて下さい。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-640 小紋 ブラウン×ブルー

ZN20-640 小紋 ブラウン×ブルー

大人な艶感のある渋色ブラウンに引き締め効果のあるブルーの小紋柄が綺麗に配色されたこのネクタイ。濃紺の無地スリーピースに薄めのブルーシャツを合わせるスタイリングがオススメです。青系コーデをこのネクタイが引き締め、グッと端正で力強い印象にまとめてくれるでしょう。ブラウンタイは全体をバランス良くし、より華やぎを増してくれるので1本は必ず用意しておきたいですね。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-657 小紋 濃紺

ZN20-657 小紋 濃紺

このシリーズの特徴は何と言ってもヨコ1.5cm、タテ2.0cm程の四角い雲のような枠に菱形の日の丸風な柄をあしらった大きな紋章で、見る人へググっと訴えます。濃紺(ネイビーブルーですね)のイメージは、折り目正しさや清潔感でしょう。英国海軍の制服の色に因んでネーミングされたネイビーブルーは、日本人の顔色にもよく合います。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-658 小紋 青

ZN20-658 小紋 青

ジャガード素材の良さと言えば、プリント(平面的)と違って立体的に織り上げているので、柄がグッと浮き上がってくる立体感や高級感です。加えてこの青は、見る人に海や空を連想させるので、爽やかで涼しげな印象を与えくれます。この色柄のネクタイが合うスーツをインスピレーションすると、ベースカラー「青」と同色系のストライプやウィンドーペインが施されているネイビースーツなどがお薦めです。粋なスタイリングになりますよ。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-659 小紋 赤茶

ZN20-659 小紋 赤茶

イタリア素材を使用して日本で縫製されたこの「CATENA」ブランドのネクタイは、その長さを146cm、大剣巾8.5cm(今シーズンはややワイドです)、小剣巾4.5cmとあくまで日本人体型に合わせて、お客さんの声とスタッフの着用体験、ファッショントレンドをベースに作られています。無地ベースで杢調の生地やサキソニーフラノなどの少しへアリーな生地を使用したベージュ系スーツやダークブラウンのスーツによく合います。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-660 小紋 緑

ZN20-660 小紋 緑

緑と言えば木々や葉、そして森と癒され系カラーでエコなイメージ満載の印象ですが、実は「寒色系」だって皆さんご存知でした?僕は全然知らなくて、エッ?て言う驚きでした。
この緑はここ数シーズン続くブラウンと並ぶトレンドカラーなんですが、案外日本人には人気が無いようで(英国人は大好きですよ!)もうひとつ盛り上がりが欲しいですね。だからこんなコーディネイトは如何でしょうか?フラノのダブルネイビーブレザーにちょっぴり大き目なサキソニーフラノの千鳥格子パンツ、白のボタンダウンにこのグリーン小紋でタイドアップ、正統派トラッドな紺ブレスタイルが一押しです!

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-661 小紋(花柄) ネイビー

ZN20-661 小紋(花柄) ネイビー

落ち着いた濃紺ベースに遊び心ある花柄、細部の捻りが絶妙なボリューム感を演出します。知的さ溢れるネイビーなので、大事なリモート商談などでも特に選びたい色です。アルファにしてオメガ、20代の清潔感ある世代から60代の遊び心を取り入れたい世代でも、十分満足させるアイテムではないでしょうか。着回しは数ある中、タイの個性を活かせるようにモダンな紺ブレで『できる男の装い』を。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-662 小紋(花柄) ブルー

ZN20-662 小紋(花柄) ブルー

上質なシルクに丁寧なジャガード織、適度に配置された花柄がVゾーンへ溶けこみます。爽やかなブルーは新しく仕事が増えられた方や環境が変わられた方に、清潔感から入り信頼をアップさせるという意味でもオススメ。
昇進祝いなどの進物にもぜひご贔屓ください。余談ですがブルーには『相手のストレスや興奮を抑える効果』もあるので、クレーム対応や目のやり場に困るような会議にも、ある意味適役なのかもしれません。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-663 小紋(花柄) オレンジ

ZN20-663 小紋(花柄) オレンジ

寒い時は「首」のつく箇所を温める。その言葉通り体を温める効果もあるネクタイですが、オレンジは色から温もりを感じさせる効果があります。親しみやすさといった温かみのある印象を与えられるオレンジに遊び心のある花柄を配したこのタイは、『コミュニケーションを円滑に持っていきたい場面』などで特にオススメです。ZOOM会議で照明がどうも暗く映るその際に、顔映りを明るくさせる意味でも是非どうぞ。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-664 小紋(花柄) ブラウン

ZN20-664 小紋(花柄) ブラウン

大人の余裕を感じさせるブラウンに花柄をあしらえることで心身安定、『40代のユニークさと渋み』が伝わります。味わい深い表情のブラウンタイはコーディネートしやすいので、スーツはもちろんジャケットなど、カジュアルにも合わせやすく汎用性の高い一本になりました。秋たつ頃は首元にそっと温かみが溢れ地球にもやさしいエコな色合い。ファジィな季節を秋色へ染めてみてはいかがでしょうか。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-665 モチーフ(犬柄) ブルー

ZN20-665 モチーフ(犬柄) ブルー

落ち着きのある爽やかなブルーに、犬柄モチーフのブラウンベージュがオシャレな配色のこのネクタイ。モチーフのブラウンを拾ってブラウンジャケット、ネイビーストライプシャツにグレーパンツを合わせた秋冬ジャケパンスタイルにも大活躍してくれることでしょう。もちろん、ネイビーのジャケットにもGood!遊び心の中にも品があるので、コーディネートの幅を広げてくれる1本です!

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-666 モチーフ(犬柄) ブルーグレー

ZN20-666 モチーフ(犬柄) ブルーグレー

スモーキーなブルーに少しグレーをプラスした、珍しい色味なこのネクタイ。可愛らしい犬のモチーフが全体を引き締めます。オススメなコーディネートはネイビースーツに、白シャツとグレーのニットを挟んで印象を柔らかくし、このネクタイを合わせるスタイル。いつものゾーンを新鮮に見せることはもちろん、さりげなくユーモラスな動物モチーフタイがクスっとさせる遊び心を演出してくれます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-667 モチーフ(犬柄) レッド

ZN20-667 モチーフ(犬柄) レッド

派手過ぎず程良い艶感のレッドとユニークな犬柄モチーフの相性ピッタリなこのネクタイ。他の色に比べると一番モチーフとのコントラストがはっきりしています。なので、スーツやシャツはシンプルな物を選んで、ネクタイを主役に引き立たせてみてください。会話のきっかけとなるモチーフタイで相手の心を掴むゾーンの完成です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-668 モチーフ(犬柄) ベージュ

ZN20-668 モチーフ(犬柄) ベージュ

光沢感のあるベージュに見る角度によってはネイビーのヴェールがかかり、大人の余裕を漂わせるこの1本。犬柄モチーフが遊び心を加えてくれるので、幅広い年齢層の方にお使い頂けます。ネイビーのマイクロチェックスーツ、薄めのブルーシャツにこのネクタイを差し込むコーディネートがオススメ。アズーロ・エ・マローネのコーデの中に、リラックスした雰囲気のゾーンを作り出してくれる1本となっています。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-669 モチーフ(車柄) ネイビー

ZN20-669 モチーフ(車柄) ネイビー

ネイビーに車のモチーフが入っており、目を引くデザインのネクタイです。レトロ感のある可愛らしい車柄は、女性や営業先の方との話題のきっかけとなり活躍してくれるでしょう。ベースカラーがネイビーの為、お手持ちのスーツやジャケット、ワイシャツとも合わせやすい1本です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-670 モチーフ(自転車柄) ネイビー

ZN20-670 モチーフ(自転車柄) ネイビー

ネイビーに遊び心ある自転車のモチーフが入っており、サイクリングが好きな方や、会話のフックが欲しい方にぴったりな1本です。自転車の黄はビタミンカラーの為、見ている方にも元気を与え、ユニークさあふれるデザインで親しみやすさも与えてくれることでしょう。
言うまでもなく、ラフなジャケットスタイルや休日のタイドアップにもオススメです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-671 モチーフ(バード柄) ブルーグレー

ZN20-671 モチーフ(バード柄) ブルーグレー

ネイビーとメランジュ調のブルーグレーにバード柄の配色ですが、バード柄をブラウンのジャガードにしたことで、全体がキレイにまとまっています。メリハリを活かしてシャツは白シャツ。紺無地のスーツに、ブロードのワイドスプレッドでキリリと締める。グレーフランネルスーツにオックスシャツで、よりトラッドに近づけるのもOK。キチンとした装いだけじゃなく、色々楽しめるのがこの配色です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-672 モチーフ(バード柄) ブルー

ZN20-672 モチーフ(バード柄) ブルー

クラシック回帰の波に乗って、これはもう思いっきりトラッドに寄せるのがベスト。アニマル柄とはいえ、ストライプに乗っているのでほぼクレストタイのイメージで扱えます。アウターはゴールドメタルボタンの紺ブレ。インナーにオックスフォードボタンダウンシャツ。これにクリケットセーターを加えましょう。ボトムスはデニムで〇、ここだけはアレンジして完コピにならないように。70年代トラッド風の出来上がりです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-673 モチーフ(バード柄) グリーン

ZN20-673 モチーフ(バード柄) グリーン

ジャガード織とはいえ、アニマルモチーフのネクタイって、カジュアル感や可愛らしさが先に来るものですが、このネクタイだけは品の良い大人らしさや、節度を持った遊び感が感じられます。これは恐らく彩度の低い補色同士をベースとバード柄に使い分けたからでしょうね。具体的にはメランジュ調のグリーンとバード柄の赤紫ですね。彩度の低い色同士集めると地味に暗くなりがちですが、補色を使うことで良いバランスになっています。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-674 モチーフ(バード柄) 茶

ZN20-674 モチーフ(バード柄) 茶

これは言うまでもなく、鉄板の配色アズーロ・エ・マローネ。Vゾーンはこれで完結ですから、スーツでのコーディネートは靴に茶系を履いていただくくらい。後はポケットチーフに何色を差すかでセンスが分かれる程度です。では、セットアップの時はどうしましょう?ネイビージャケットにモカ茶のパンツでしょうか?まあ悪くはないですが、頑張ってる感が出すぎでしょう。アズーロ・エ・マローネの繋ぎはグレーで調和しましょう。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-675 小紋(花柄) 紺×ブルー

ZN20-675 小紋(花柄) 紺×ブルー

人目を引くこと間違いなし!の大胆な花柄ですが、計算された間隔に配置され最高のバランスに仕上がっています。ベースの織りと花柄部分の織りに異なる織りを使用しているため、花柄が際立って見えます。同系色の紺&ブルーで構成されているので、スーツは逆にグレーを合わせてシャツはホワイトカラーor淡いサックスブルーをチョイス。あっさりとしたコーデを心掛け、花柄を活かすのがオススメです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-676 小紋(花柄) ブルー×ベージュ

ZN20-676 小紋(花柄) ブルー×ベージュ

2020年秋冬メンズトレンドカラーに挙げられている「クラシックブルー」。その影響を受けブルー全般に勢いが増すと考えられます。ベースの鮮やかなロイヤルブルーには横糸にネイビーが使用されているため、悪目立ちはしません。スーツを華やかに演出するのも良いですが、ブラウンジャケットと合わせて「アズーロ・エ・マローネ」を楽しんで欲しいオススメの1本です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-677 小紋(花柄) ブラウン×ベージュ

ZN20-677 小紋(花柄) ブラウン×ベージュ

ベースカラーにブラウンとネイビーを混色して生まれたダークブラウンなので、色に奥深さが感じられます。
タテ糸とヨコ糸に異なる色を使用することで生じる玉虫効果が魅力を倍増させています。シルク素材の良さを十二分に引き出していると思います。ダークブラウンベースにベージュの花柄が大人の茶目っ気を演出します。
ブラウンスーツに合わせるか、濃紺のスーツにするか迷いますね…。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-678 小紋(花柄) ベージュ×ブラウン

ZN20-678 小紋(花柄) ベージュ×ブラウン

いざコーディネートを考えると上級者向きのネクタイに思えます。これからの季節、スーツやネクタイがダークカラーに移行傾向となる中、胸元に優しい色味を加えることで大人のリラックス感(余裕)を表現してみてはいかがでしょうか。毎日のコーディネートはマンネリになりがちで大変ですよね。「今日はいつもと気分かえたいな〜。」という朝にお役立て頂きたい、印象の良い1本です。

→ネクタイ発注フォーム

ドット ネクタイ

ZN20-641 ドット 紺×水色

ZN20-641 ドット 紺×水色

落ち着きのあるネイビーカラーに爽やかな色のドット柄が、親しみやすさと信頼感を与えてくれる1本です。主張しすぎない控えめな大きさの柄で、チェックやストライプなどのスーツとも相性が良いです。ブルーのワイシャツで色を統一感したり、クレリックカラーで少しPOPにしてみたり…と、着まわしの幅が広がるネクタイです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-642 ドット 紺×赤

ZN20-642 ドット 紺×赤

定番のネイビーに赤のポイントカラーが入ったネクタイは、ネイビーで統一しがちなコーディネートにちょっとした変化を与えてくれます。ドットの赤と同色のチーフを差すと全体にまとまりが出てGOOD!ワイシャツにもドット柄のドビーを取り入れると、更に全体的なまとまりが出てきます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-643 ドット グレー×紺

ZN20-643 ドット グレー×紺

オススメの1本にも挙げたグレー×ネイビーのドットタイは、落ち着きと上品さを兼ね備え、シャープな印象を与えてくれます。チャコールグレーやネイビーのスーツと合わせて色の統一感あるコーディネートを楽しめる他、結婚式の二次会やちょっとしたカジュアルなパーティーにもお勧めです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-644 ドット 赤×水色

ZN20-644 ドット 赤×水色

気持ちを高める赤とポップなドット柄の組み合わせは、元気と親しみやすさを与えてくれます。彩度を抑えたこちらのネクタイは様々な色味のスーツに合うため、幅広い年代の方にお使い頂けます。ネイビーやブラウンの杢調柄のスーツと合わせると、渋かっこいいコーディネートが楽しめます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-645 ドット 緑×茶

ZN20-645 ドット 緑×茶

季節感のあるグリーンベースのネクタイは落ち着きと安心感を与え、秋から冬に活躍してくれること間違いなしです。近年流行のブラウンのスーツと相性が良く、シャツはベージュやミントグリーンと合わせるとよりお洒落度がUPするでしょう。ジャケパンスタイルとの相性もGOODです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-646 ドット 茶×水色

ZN20-646 ドット 茶×水色

ダークトーンのブラウンは、堅実で落ち着いた印象の中に上品さを与えてくれるワンンランク大人なVゾーンを演出できます。手を伸ばしづらいイメージのブラウンタイですが、このネクタイならネイビー・グレー・ブラウンスーツに良く合い、隠れたオールラウンダーな1本になるでしょう。

→ネクタイ発注フォーム

ペイズリー ネクタイ

ZN20-647 ペイズリー 紺×青

ZN20-647 ペイズリー 紺×青

秋冬物のネクタイには珍しくフレスコ調の織りになっていますので、あまり重厚な感じはしませんが、ダークネイビーをベースにブルー×ホワイトの配色は王道で、シンプルに上質さを追求できる仕上がりです。細番手のイタリア生地のスーツに、ライトブルーのシャツ、靴はブラックのコーデは、今日的なスマートさとエレガンスさを兼ね備えています。クローゼットの中に揃えて欲しい1本です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-648 ペイズリー 紺×茶

ZN20-648 ペイズリー 紺×茶

ネイビーにキャメルのペイズリー小紋。丁度今風な気分の色使いですね。スーツは色を選ばず応用範囲が広いので、敢えてジャケットとの相性を見ていきましょう。フレスコ調の表情が、毛足の長いサキソニーやフラノなどの生地とも意外に(?)マッチします。明るめのグレーやメランジュ調のブラウン系のジャケットとなら、カジュアルな集まりなどの際にも重宝しそうです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-649 ペイズリー 茶×茶

ZN20-649 ペイズリー 茶×茶

ベースも柄もスモーキーなチョコレートブラウン。しかも、トーンもあまり変わらない、単体ではアクセントが無いネクタイです。アズーロ・エ・マローネでネイビースーツに合わせたいところですが、一本調子を避けて、ここは茶系でコーディネートしましょう。MIXブラウンのスーツにブラウンのロンストシャツ。その際ホワイトカラード(クレリック)にするとVゾーンが作りやすくなります。節度ある洒落感が大人らしさを醸し出します。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-650 ペイズリー グリーン×紺

ZN20-650 ペイズリー グリーン×紺

ダークグリーンとネイビーの色合わせですが、どちらの色も彩度・トーン共に低い。いわゆる地味に映るタイプです。でも大丈夫です。こういう色調は絶対的に無彩色と相性がいいです。グレーのロンストシャツや白場に黒・チャコールグレーのストライプシャツを合わせましょう。ジャケットは、タッタソール(無彩色で)と合わせてください。ちょっと遠ざかっていた黒のスーツに、今期的な新鮮さが加わります。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-651 小ペイズリー 紺×ボルドー

ZN20-651 小ペイズリー 紺×ボルドー

常に安定した人気を誇る紺色のベースにワインカラーのプチペイズリーをあしらった、飽きのこないデザインです。合わせるスーツの色を選ばないオールマイティーなタイプです。派手な印象(イメージ)になりやすいペイズリーですが、このようなプチペイズリーでしたら大丈夫。さりげないオシャレを演出してくれます。グレースーツとサックスブルーシャツを合わせて、誰から見ても好印象のコーディネートをお楽しみ下さい。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-652 小ペイズリー パープル×オレンジ

ZN20-652 小ペイズリー パープル×オレンジ

見た瞬間に「欲しい!」という衝動に駆られてしまった絶妙のカラーリング。色、柄(デザイン)、色配分どれが欠けても成立しないバランスの良さです。今シーズン絶対にプラスしたい1本です!!!秋から冬に向けて着用したい茶系のスーツとロンドンストライプのシャツを合わせて、装いに差を付けたいですね。茶系のジャケットと合わせて1ランク上の着こなしもどうぞ。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-653 小ペイズリー レッド×ネイビー

ZN20-653 小ペイズリー レッド×ネイビー

今シーズンのメンズトレンドカラー筆頭に挙げられている「ヒューマンレッド」。ベースのレッドにネイビーをプラスしているので、絶妙な落ち着き加減です。微量のサックスブルーを使用したプチペイズリーが上品なアクセントに。濃紺のスーツとホワイトカラーシャツを合わせて米大統領的な主張あるコーディネートはいかがですか。ビジネススタイルに取り入れる旬のカラーは、「ネクタイから」で決まりですね。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-654 小ペイズリー ブラウン×レンガ

ZN20-654 小ペイズリー ブラウン×レンガ

秋冬の王道カラーのブラウンベースにレンガ色のプチペイズリーがデザインされた、イチオシの1本です。使い勝手の良さからヘビーローテーションが予想されます。紺やグレースーツとの合わせはもちろんですが、思い切ってミリタリーテイストを彷彿とさせるダークオリーブカラーのスーツを新調してコーディネートがオススメ。ベストドレッサー賞は決まりましたね。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-655 小ペイズリー グリーン×ブルー

ZN20-655 小ペイズリー グリーン×ブルー

ここ数シーズンでジワジワと市場の比重を拡大しつつある深いグリーンをベースに、ブルーのプチペイズリーがデザインされた、トレンド性の高いカラー&デザインとなっています。クラシック柄の代表格である「ブラックウォッチ」のカラーリングを参考にして、チャコールグレーのスーツとネイビーストライプのクレリックシャツを合わせ、伝統美漂うエッセンスをちょっぴりコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-656 小ペイズリー ベージュ×ブラウン

ZN20-656 小ペイズリー ベージュ×ブラウン

柔らかな色調なので様々なコーディネートに活躍が期待でき、合わせるアイテムの色によって表情を変えてくれる1本です。ネクタイ自体が同系色でデザインされているので、ダークブラウンのスーツとホワイトカラーシャツを合わせてシンプルに同系色でまとめるのも◎。ミディアムグレーのストライプスーツと淡いラベンダーカラーシャツを合わせると全く異なる表情になりますので、今シーズン是非トライしてみてください。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-679 ペイズリー サックス

ZN20-679 ペイズリー サックス

ネクタイに限らず、普段の生活で意外と様々な場所で目にするペイズリー柄。そんな私達の生活にも溶け込んでいるペイズリー柄は、各ネクタイブランドが毎年こぞって取り上げるモチーフの一つとして愛され続けています。当社でも、ネクタイの面積にペイズリー柄を思い切って全面に散りばめたデザインをご用意しました。こちらのサックスブルーはどんなスーツにも、シャツ単体であっても、とても馴染みやすいのでオススメです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-680 ペイズリー ピンク×パープル

ZN20-680 ペイズリー ピンク×パープル

二つの色の、それぞれの彩度を強く印象的に打ち出したピンク×パープルの配色の一本です。色としての個性が強い一本ですが、ペイズリー特有の優美な曲線で雰囲気が和らぎ、上手にバランスを取っています。冬場のグレー系やブラウン系のジャケットに合わせるのが好相性。ですがネイビーも配しているので、ネクタイを中心に様々な着こなしを考えて、コーディネートの奥行きを楽しめる1本です。着る人の内面や気分によって多彩な表情を覗かせてくれます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-681 ペイズリー ブルー×ゴールド

ZN20-681 ペイズリー ブルー×ゴールド

ゴールドに近いイエローをベースにブルーを配した一本です。こちらの2色は補色関係として目に馴染んだ色であると同時に、落ち着いた雰囲気を与えてくれます。イエロー系からゴールド系は、今シーズン秋冬のアクセントカラーとして注目されている色の一つなので、今年らしい着こなしとしてVゾーンに添えるにはもってこいの一つです。ネイビー系のスーツとブルーの調子を合わせると、よりゴールドの明るさが引き立ち、優雅なオーラを感じさせます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-682 ペイズリー レッド

ZN20-682 ペイズリー レッド

赤を自身のパーソナルなキーカラーと考えている方にグッと刺さる一本として、こちらのレッドのペイズリーはいかがでしょうか。しっかりレッドを主張させるために、ジャケットの釦の前を留めず、赤い色を印象的に見せるもアリです。赤のような強い色に対して少し難しいイメージをお持ちの方には、スーツの中にベストを着用し、小さめのVゾーンから色を覗かせると、一気に着こなしへの取り入れが簡単になります。是非お試しあれ。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-683 ペイズリー グリーン×ベージュ

ZN20-683 ペイズリー グリーン×ベージュ

スキンカラーに近いベージュの色に、グリーンを添えた一本です。ビジネスシーンのカジュアル化の波が進むと同時に、スーツスタイル、ジャケパンスタイルにグリーンを取り入れる方も、昨今徐々に増えつつある傾向。今、新たな色を身に着けたい際には、トレンディーなカラーの一つです。普段はネイビーのネクタイを合わせているスーツの中にグリーンを差し替えるだけでも、スッと違和感なく受け入れ合わせることが出来ます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-684 ペイズリー ブルー

ZN20-684 ペイズリー ブルー

発色は鮮やかながら、元来ブルー系が感じさせる落ち着いた調子をしっかりと感じられる一本です。静的な印象の中でメリハリを付けるために、クレリックカラーのシャツを合わせるのも乙な着こなしです。同トーンのカラーリングで構成された一本ですので、シンプルにペイズリーとしての「柄」を楽しみたいといった方に、おすすめさせて頂ける一本です。シルバーのタイバー、シルバーのカフリンクスなどと合わせ、静謐な印象で着こなすのも素敵です。

→ネクタイ発注フォーム

チェック ネクタイ

ZN20-685 チェック 茶×紺×白

ZN20-685 チェック 茶×紺×白

ブラウンベースのチェック柄は派手過ぎず、オンオフ兼用できるネクタイです。温かみのあるカラーが落ち着きを与えてくれ、ネイビーやブラウンスーツは勿論、グリーンのジャケットとも相性が良いです。大柄なチェックなので、スーツやワイシャツは無地、または控えめな柄で合わせると喧嘩しないコーディネートが完成します。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-686 チェック 赤×黒×白

ZN20-686 チェック 赤×黒×白

目を引く赤のチェックはVゾーンを華やかに演出し、休日のコーディネートに最適です。赤系のジャケットは勿論、白のジャケットにも合う1本です。カジュアルなネクタイなのでコットンパンツやデニムとも相性抜群です。ネクタイにインパクトがある為シャツは白または淡い色がおすすめです。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-687 チェック オレンジ×黒×白

ZN20-687 チェック オレンジ×黒×白

親しみやすさと温かみのあるオレンジベースのチェック柄ネクタイ。子供っぽく思われがちなチェック柄は、チャコールやブラウンのスリーピース、アイボリーのカラーシャツと合わせると、落ち着いた大人なコーディネート+かわいらしさのあるワンランクオシャレなVゾーンを演出できます。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-688 チェック 紺×黄×白

ZN20-688 チェック 紺×黄×白

ネイビー×イエローとポップな色使いで遊び心のあるネクタイ。落ち着きのあるネイビーベースにイエローの差し色がパワフルな魅力を引き出してくれます。イエローのシャツと合わせたカジュアルコーデや、ダークネイビーのスリーピーススーツと合わせて大人な茶目っ気コーデをしてみてはいかがでしょうか。

→ネクタイ発注フォーム

千鳥格子(ハウンドトゥース ) ネクタイ

ZN20-689 千鳥格子 紺

ZN20-689 千鳥格子 紺

紺×白のハウンドトゥース。元々紺×白のツートンカラーはシックに見せるのに最適で、それが初めからネクタイの中で完結しているため、どんなコーディネートでも外しません。メリハリの利いた強めのコントラストにするのなら白シャツ、まとまり感重視で優しい雰囲気にするならブルーのシャツでバランスを取りましょう。どちらでも、自信のあるVゾーンを作るのには持ってこいの1本です。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-690 千鳥格子 赤

ZN20-690 千鳥格子 赤

生成りに近いベージュに、暖系色を2色使ったハウンドトゥース。多色使いなので厳密にはガンクラブチェックですね。ベースカラーもドミナントカラーもウォームカラーでまとまっている上に3色共ソフトトーンなので、Vゾーンが優しい雰囲気になります。このトーンならスーツ以外で、無地調なツイードとのコーディネートもOKです。更に女性受けしますから、職場に女性が多いという方はぜひ使ってみてください。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-691 千鳥格子 茶

ZN20-691 千鳥格子 茶

ファッションのクラシック回帰傾向を受けて、昨今ジャケットやコートの服地でよく見かけるようになった色柄です。(特に女性のオーバーサイズのジャケットとかコートでね)
もう1色キャメルが入るとドンピシャです。で、このカントリーチックな秋色をどう使うかと言うと、まず白シャツは重くて古そうなイメージになるのでNG。ヘアラインや細いピッチのストライプシャツで合わせると、一気に今風なスタイルが完成します。

→ネクタイ発注フォーム

ZN20-692 千鳥格子 紺×スカイブルー

ZN20-692 千鳥格子 紺×スカイブルー

ややグレイッシュなペールトーンがベースで、ドミナントカラーがインクブルーという、とっても今風な配色です。このネクタイはスーツの色を選びません。応用範囲が広いですね。加えて、スーツの素材も選びません。フラットで光沢感のある生地は勿論存在感がありますし、起毛されていてボリュームのある生地でも負けません。実は一番オールマイティに使える1本です。ネクタイのプレゼントに迷ったらこれです。

→ネクタイ発注フォーム

ネクタイ発注フォーム

ネクタイ画像下、品番横のチェックボックスをチェックしていただき、
お名前、メールアドレス、ご住所、お電話番号、お受取方法、お支払方法をご入力いただき、送信してください。
後ほど、ご案内メールをお送りいたします。

無地
商品番号[*]
▲ページ上部へ


生地拡大

ZN20-601


生地拡大

ZN20-602


生地拡大

ZN20-603


生地拡大

ZN20-604


生地拡大

ZN20-605


生地拡大

ZN20-606


生地拡大

ZN20-607


生地拡大

ZN20-608


生地拡大

ZN20-609


生地拡大

ZN20-610


生地拡大

ZN20-611


生地拡大

ZN20-612

へリーンボーン
商品番号[*]
▲ページ上部へ


生地拡大

ZN20-613


生地拡大

ZN20-614


生地拡大

ZN20-615


生地拡大

ZN20-616


生地拡大

ZN20-617


生地拡大

ZN20-622


生地拡大

ZN20-623


生地拡大

ZN20-624


生地拡大

ZN20-625

レジメンタル
商品番号[*]
▲ページ上部へ


生地拡大

ZN20-618


生地拡大

ZN20-619


生地拡大

ZN20-620


生地拡大

ZN20-621


生地拡大

ZN20-626


生地拡大

ZN20-627


生地拡大

ZN20-628


生地拡大

ZN20-629


生地拡大

ZN20-630


生地拡大

ZN20-631

小紋
商品番号[*]
▲ページ上部へ


生地拡大

ZN20-632


生地拡大

ZN20-633


生地拡大

ZN20-634


生地拡大

ZN20-635


生地拡大

ZN20-636


生地拡大

ZN20-637


生地拡大

ZN20-638


生地拡大

ZN20-639


生地拡大

ZN20-640


生地拡大

ZN20-657


生地拡大

ZN20-658


生地拡大

ZN20-659


生地拡大

ZN20-660


生地拡大

ZN20-661


生地拡大

ZN20-662


生地拡大

ZN20-663


生地拡大

ZN20-664


生地拡大

ZN20-665


生地拡大

ZN20-666


生地拡大

ZN20-667


生地拡大

ZN20-668


生地拡大

ZN20-669


生地拡大

ZN20-670


生地拡大

ZN20-671


生地拡大

ZN20-672


生地拡大

ZN20-673


生地拡大

ZN20-674


生地拡大

ZN20-675


生地拡大

ZN20-676


生地拡大

ZN20-677


生地拡大

ZN20-678

ドット
商品番号[*]
▲ページ上部へ


生地拡大

ZN20-641


生地拡大

ZN20-642


生地拡大

ZN20-643


生地拡大

ZN20-644


生地拡大

ZN20-645


生地拡大

ZN20-646

ペイズリー
商品番号[*]
▲ページ上部へ


生地拡大

ZN20-647


生地拡大

ZN20-648


生地拡大

ZN20-649


生地拡大

ZN20-650


生地拡大

ZN20-651


生地拡大

ZN20-652


生地拡大

ZN20-653


生地拡大

ZN20-654


生地拡大

ZN20-655


生地拡大

ZN20-656


生地拡大

ZN20-679


生地拡大

ZN20-680


生地拡大

ZN20-681


生地拡大

ZN20-682


生地拡大

ZN20-683


生地拡大

ZN20-684

チェック
商品番号[*]
▲ページ上部へ


生地拡大

ZN20-685


生地拡大

ZN20-686


生地拡大

ZN20-687


生地拡大

ZN20-688

千鳥格子
商品番号[*]
▲ページ上部へ


生地拡大

ZN20-689


生地拡大

ZN20-690


生地拡大

ZN20-691


生地拡大

ZN20-692

ご氏名[]
ふりがな
メールアドレス[]
郵便番号[] -
都道府県[]
ご住所[]
お電話番号[] - -
受取方法をお選び下さい。
お受取方法
(注)メール便(到着日時指定不可 送料無料)宅配便(送料550円)
お受取店舗
(注)店舗受取の方は店舗をお選びください。
支払方法をお選び下さい。
お支払方法
(注)クレジットカードにてお支払の方のみ項目もご入力下さい。
カード番号
(Card Number)

※全て半角で入力して下さい。
ハイフン等は入力しないで下さい。 (例)0123456789012345
カード有効期限(EXP) (月) (年)
※クレジットカードの有効期限を選択して下さい。 (例)01 20
カード支払方法 VISA    MASTER
カード名義(NAME)
※全て半角で入力して下さい。(例)TARO YOSHIMURA
銀行振込
※銀行振込の場合はご入金確認後の出荷となります。
フリー記入欄


↑「確認する」ボタンを一回押し「確認」画面で[送信する]ボタンをクリックの後
「ご注文ありがとうございました。」画面が表示されれば送信完了です。
*は必須項目です。