HOME > お客様いらっしゃ〜い > Industrial revolution ~成人式スーツ~《PART 1》

Industrial revolution ~成人式スーツ~《PART 1》

2019年11月8日更新


気付けばもう11月も後半戦、2019年も残すところなんと!!!もう1ヶ月ちょっとしかないんですね。。。。

最近思うことですが、なんて時間が過ぎるのは早いんだ、、、これはやはり自分にときめきが足りないからなのか、、、っと少し寂しく?!感じていますが、読者の皆さんはいかがでしょうか?!(何がいかがって感じですよね(汗))最近“ときめいて”いますか?!

今年も残すところあと僅かですからやり残したことのないよう、後悔の無いように2019年を駆け抜けていきたいなと思っております。

さて、そんなときめきが足りていない?!であろう私とは違い、フレッシュでときめきに満ち溢れた、来るべく2020年に《新成人》になるHさんから成人式用のスーツのオーダーを頂きましたので今回ご紹介をしていきたいと思います。

今回ご登場して頂くHさんは、当店、そしてオーダー初体験のお客様です。

Hさんのように初めてオーダーに挑戦したいと思っている方は、『作りたいけど不安だな、、、』って気持ちや、『どんなスーツをオーダーできるんだろう。』という疑問がいっぱいありますよね?!

そんな皆さんに、Hさんのオーダーを通じて疑似体験をして頂き初めてのオーダーを一緒に楽しんで頂ければと思います。

それでは、いよいよ、Hさんのストーリーを始めさせて頂きます☆

始まりは、Hさんから頂いた当店のサンプル帳請求からでした。
*頂いたメールを原文でご紹介しておりますが、一部割愛もさせて頂いております。

1.サンプル種類 = 2019年 AUTMUN&WINTER 秋冬物生地サンプル(予約)

お名前 = Hさん
メールアドレス = *******
4-1.〒 = ******
4-2.ご住所 = ********
5.TEL = ********
6.オーダー方法 = 直接採寸希望
7.連絡事項 =
初めてお世話になります。
来年に成人式を控えておりまして、その為に新しくスーツを仕立てたいと思っております。
そこでせっかくならオーダーメイドをと思い立ち、ネットにてそちらのサイトを拝見させて頂きました。
何もかもが初めてでありますから、手順に従ってまずはサンプル帳の請求をさせて頂きたいと思います。
8.ご年齢 = ~20歳
9.お好みの色柄 = 無地系
10.スーツの価格帯 = 20,000~40,000円
11.当サイトへのリンク = サーチエンジン

『オーダーを今すぐしたい!!!』と、当店へご来店をいただきすぐオーダーする。といったご注文方法も勿論WELCOMEですが、まずはどんな生地があるのか、サンプル帳で生地に直接触れてご検討いただいたり、こんなスーツにしたいとお考えがあればお気軽にお問い合わせも頂けます。

さて、数あるオーダー店の中で当店を選んで頂き、しかも晴れ舞台である成人式用のスーツをご検討いただけるなんて、大変光栄なことで今すぐにでもサンプル帳を送らねばと
いきり立っていたのですが、、、、サンプル帳が足りない、、、(汗)

実はサンプル種類の欄を見て頂くと(予約)と書かれていますが、そうなんです、丁度今年新作のサンプル帳をお送りするタイミングで、サンプル帳が足りない、、、という事がありまして少しお待ち頂く旨をご連絡差し上げたのですが、早速Hさんからお返事頂きました。

佐野様

早速のご返信ありがとうございます。

サンプル帳の件についてですが、了承致しました。
丁度本日仕上がったのですね。
到着を気長に楽しみにお待ちしております。

ところで、今回のスーツついて二つほどお聞きしたいことがあります。

一つは、成人式のドレスコードについて調べたところ、それほどフォーマルさは求められないとありました。一体どの程度までが許されるのかということです。

もう一つは、私は今回クラシックなスーツを仕立てて頂きたいと考えております。一通りオーダーシートにも目を通させて頂きました。しかしどのような仕立てがクラシックなのかということが、知識の乏しさ故に理解出来ておりません。その辺りについてご教授願えればと思います。

加えて、現時点でのスーツのイメージをお伝えしたいと思います。

時代は産業革命期、場所はロンドン、中産階級か労働者くらいの身分の者の普段着です。

毎日の着用に耐え、その人の日常のシーンになくてはならないような服。着古されればされるほど味わいの出る、そんなスーツを仕立てられたらなと考えております。

もう一つのイメージとしては、時代と場所はそのままに、貴族のアウトドア(狩猟)用の服装のように、
ヘビーデューティーなテイストと貴族らしい上品さを持つスーツを考えております。

具体性のないイメージで申し訳ありません。
ですがどちらにせよ、成人式のための服というよりかは、その後も日常生活の服装として使っていけるということを大切にしたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

とっても早いご返信にHさんのオーダーに対する熱が伝わってきます。
これは気合を入れないと、とメールを読んでいると、『ふむふむ、初めてのオーダー晴れ舞台の成人式で色々悩まれているな~。ドレスコードは良しとして、今回のHさんの考えているオーダーは、、、、なるほどね~。ほほ~う。中々の難題だな。(汗)』

読者の皆さんもこちらを初めてご覧になる方も、スーツについて疑問に思っていることや
特に初めてで右も左も分からないという方は、まずHさんのように生地を見てみるのも良いですしお問い合わせだけども大歓迎ですから読者の皆さんもお気軽にご相談くださいね。

さて、頂いたお悩みと今回のスーツにはちょっとした矛盾を感じましたので、お答えしようと早速お返事をお送りしました。

H様

ご利用ありがとうございます。
オーダースーツのヨシムラ(佐野)です。

昨晩はご連絡を頂きましてありがとうございます。

Hさんは今回の成人式スーツについて色々とお悩みになっているとのことですね。
初めてのオーダースーツですし、色々と考えたり悩んだり想像したりする時間も楽しんで頂ければと思います。

さて、昨晩ご連絡を頂いたHさんが疑問に思っていること、そして今回のスーツのイメージについてお答していきますのでご確認をお願いします。

先ず成人式のドレスコードについては、基本的には自由でカジュアル(ジーンズやTシャツ等)でなければ、お好きな服で参加されても良いと思います。
一生に一度しかない式ですから、Hさんが一番楽しめる服装をお召頂き、成人式が最高の思い出になればと私は考えます。

色々とお考えいただいている中、今回Hさんは《クラシックスーツ》のお仕立てをご希望とのことですね。
クラシックなお仕立てと言いますと、上着の仕様デザインにつきましては、
スリーピース、ダブルブレステッド、チェンジポケット付けるなど、スラックスで言えば、タックを入れる、時計ポケット付きなどが《クラシック》と言うと代表的なデザインです。
ご参考になれば幸いです。

続きまして今回Hさんがお考えいただいているイメージにつきましてお応えしていこうと思います。

今回ご連絡を頂いたイメージが2パターンありますが、共通するのは、産業革命という時代と場所はいいのですが、1つ目は、中産階級か労働者の普段着、2つ目は、貴族のアウトドア(狩猟)用の服とありますがこの2つの要素を一つのスーツに落とし込むのは、用途やデザインまた、選ぶ生地も違うもので相反してしまうのでは、と感じております。

細かなディテール等を落とし込みながら1着を作るのも良いかもしれませんが
具体的にどういったものなのか、そして当店がご用意するイージーオーダーのデザインで再現できるかが重要ですので、一度イメージいただいている写真や資料等を見ながらお話をお伺いできればと思います。

そんな中で共通しているポイントとしては、日常の使用に耐える『ヘビーデューティー』なところかと思いますので、お選びする生地はイタリー生地のように柔らかくしなやかなものでなく、国産や当社オリジナルの生地にあるようなコシのある生地をご選択頂くことが今のところHさんのご希望に沿った生地かと思いますので1度ご覧になって下さい。

下記にご案内がありますが、当社のご用意するサンプル帳の 《SILVER & GOLD LINE》がそれに相当します。
*下記説明は省略致します。

先のHさんからのメールと私がお送りしたメールにもあるように今回は成人式のスーツなのですが、少し特殊なスーツをご希望です。 中でも目を引くキーワードは『クラシック』『産業革命の時代』この2つ。
クラシックはある程度表現できるのですが、《産業革命の時代》という歴史背景を表現するのは正直難しいなと感じてしまいました。

その時代ともなるとまず生地感が違うだろうし、そもそも貴族以外はスーツをしっかり着ていたのだろうか。また特殊過ぎてしまうとイージーオーダーで表現する限界もありますから正直これは中々の難題。

少しでもHさんの為になっただろうか、またどんなスーツか写真や資料を探さなければと思っていたところでしたが、お送りしてから間もなく、Hさんからお返事を頂きました。

佐野様

返信ありがとうございます。
成人式のスーツについて相談させて頂いたHです。

まず先日のメールでの質問についてです。

「成人式のドレスコード」について取り敢えずスーツの形態を取っていれば
大丈夫ということですね。これまで不安でしたが、安心することが出来ました。

「クラシック」についてどのような要素がクラシックさを持っているかは理解出来ました。
では、要素の組み合わせで演出できるクラシックさは異なるという発想はあるのでしょうか。

より具体的なイメージに繋げていきたいので出来れば例を挙げて教えて頂きたいと思います。例えばこの組み合わせはあの時代のこの場所で多く取り入れられていたと言ったような風に教えて頂ければ幸いです。(そのような例があれば、でよろしいですので…)

次に先日お伝えしたイメージついてもお答えありがとうございます。

お答え頂いた通り、私も二者を両立させることは難しいと感じておりました。
取り敢えずは二通りの案があるという程度に理解して頂ければ大丈夫です。
どっちを骨子に据えて組み立てていくかはまだイメージが固まりませんが
それはまた考えていこうと思います。

相談にのって頂きありがとうございました。サンプル帳も発送されたとのことで
これからのイメージづくりに大いに参考になります。

それではまた疑問点等が現れましたら連絡させて頂きます。
よろしくお願い致します。

Hさんからのお返事を見ると、安心感とまだまだ少し《クラシック》について悩まれているようですね。
《形の無いモノを創造し作り上げていくのがオーダー》ですから、この悩んでいる時間も楽しんでいただければと思います。
現に私も未だに自分のスーツをオーダーする時には相当悩んで考えます。
それが病みつきでこの仕事をしているのかも、、、、。

私の話は置いておいて、早速お返事をお送りしました。

H様

ご連絡を頂きましてありがとうございます。
オーダースーツのヨシムラ(佐野)です。

先日ご連絡を差し上げた内容が少しでもHさんのお役に立てているようで安心しました。
今回ご質問頂いている内容にご回答を差し上げます。

先ず、《クラシック》の、要素の組み合わせで演出できるクラシックさは異なるのか、についてですが、先日ご提案差し上げた仕立て・デザインは伝統的、普遍的なもので特にこのデザインだから違うクラシックだと言うのはありません。

今現在あるスーツ自体もクラシックなものと言えますし、時代やトレンドにより少しづつデザイン等で少し変化はありますが、スーツの大まかなデザインや仕様は大きくは変わっていないと私は考えます。

ですから、お選び頂く生地や、スーツのサイジングによって雰囲気やスタイルを作り上げていければと思います。

先にご案内差し上げたクラシックな仕立てを踏まえ、Hさんの具体的なイメージ、どういったスーツをご想像しているのか何か画像等の参考になるものをHさん自身でお探し頂けないでしょうか。

と言いますのも、現時点ではHさんがどんなスーツをご想像しているのか、イメージが見えてこないので何か具体的なイメージを逆にいただけますと 私からも色々なご提案を差し上げられるかと思います。

映画や雑誌等、色々とインスピレーションを得られるものは沢山あるかと思いますので、楽しく具体例を探して頂ければと思います。

お送りさせて頂きました、生地サンプル帳がそろそろお手元に届いていることかと思いますが、生地を実際に見てイメージ作りを楽しんで頂ければ幸いです。
取り急ぎご連絡まで。

お互いのイメージが中々合致しないのと、一体どんなスーツをHさんは想像しているのだろうかと見えてこなかったので、Hさんにも協力して頂きたく宿題ではないですけど具体例をお願いしました。

自身でお探しくださいと少し冷たいように感じてしますが、お互い真剣ですし、より良いご提案を差し上げるためにもお互いのイメージと考えを統一させるのは重要です。

そして、なんとまだこのやり取りの時点ではまだ、サンプル帳が届いていない状況なんです。
生地を実際に見てみるとイメージもしやすいかと思いますし、一度お互い色々と今回のお仕立てについて考えてみる時間も必要ですね。

サンプル帳は無事届いているだろうか、イメージ通りの生地はあったかな、と考えていると、、、、

佐野様

お久しぶりです。先日より連絡させて頂いているHです。
サンプル帳も届き、イメージも固まって来ましたのでご連絡させて頂きました。

まず生地についてですが、正直なところ「葛利毛織」一択です。
品番もG1085かG1086のどちらかにしようと思っております。

次にスーツのデザインについてですが、
今回はヴィクトリア朝の労働者階級の服をコンセプトにすることに決定しました。
シングルスリーピースを基本とし、オプションはブリティッシュな要素を採用しようと思います。詳細なオーダーに関しては後ほどオーダーシートにてお知らせさせて頂きます。

オーダーシートに載っていない点についてお尋ねさせて頂きます。

一つは、股上を大きく取りたいと思っておりますが、それは可能でしょうかということです。
具体的にはへそより上ほどまでです。
またジャケットの場合も丈を長くすることは可能でしょうか。
こちらはお尻が隠れるほどと考えております。
そしてこれらに追加料金は発生しますでしょうか?

もう一つは、全体的にゆったりとしたシルエットにしたいのですが、
シルエットの調節は別途オプションのようなものがあるでしょうかということです。
それともその辺りは自由に変えられるのでしょうか。
*一部省略させて頂きます。

色々と相手のことを思っているとお返事が来る。まるで恋文ではないですが(汗)お返事等を頂けると嬉しいものです。

さて、生地も決まり段々とイメージも固まってきましたね。
頂いたお返事を拝見すると、何とか今お考えいただいている仕様だけ見ると再現はできそうです。

H様

ご利用ありがとうございます。
オーダースーツのヨシムラ(佐野)です。

お手元のサンプル帳をご覧になり生地につきましては、葛利毛織のG1085又はG1086、
生地の選択とスーツのイメージにつきましてはヴィクトリア朝をコンセプトにイメージが固まってきたとのことですね。

生地の風合いも独特でしっかりとした生地感ですから仕立て映えのするスーツに仕上がるかと思います。

さて、今回もご質問頂いている内容にご回答差し上げますのでご確認をお願いします。

先ず、今回のお仕立てについてご質問を頂いた内容を大変恐縮ではございますがインラインにてご回答を差し上げます。

  1. 股上を大きく取りたいと思っておりますが、それは可能でしょうかということです。具体的にはへそより上ほどまでです。またジャケットの場合も丈を長くすることは可能でしょうか。こちらはお尻が隠れるほどと考えております。
    そしてこれらに追加料金は発生しますでしょうか?
    >>>股上をおへそより上でかなり深く、着丈をお尻が隠れるほど長くをご希望ですが、
    特に追加料金を頂く事は無くご調整を頂けます。
    ただしスラックスにつきましてはサイズ等により限界がございますので宜しくお願いします。

  2. 全体的にゆったりとしたシルエットにしたいのですが、シルエットの調節は別途オプションのようなものがあるでしょうかということです。
    それともその辺りは自由に変えられるのでしょうか。
    >>>ゆったりとしたシルエットにする事は可能です。こちらにつきましても別途料金は頂いておりません。
    ですが、先日ご連絡を差し上げた通り、当店はイージーオーダーでのお仕立てとなりますので、当店がご用意しているサンプル服が基本となります。
    ですから、サイズを大きく小さくにも限界がありますし、シルエットにつきましてもこちらで用意しているサンプル服に準じますので全て自由ではないこともご理解の程お願いします。

コンセプトやイメージ、サイズにつきましては当店がご用意するイージーオーダーの範疇でのお仕立てになりますのでお含み置き下さい。
フルオーダーではございませんのでどうぞ宜しくお願いします。

また、詳細なオーダーに関してはオーダーシートをお送り頂けるとのことありがとうございます。
*一部省略させて頂きます。

ふう~、ある程度のことは決まってきましたので、あとはメールのテキストの中にある
《オーダーシート》を拝見しもっと詰めた話し合いに進み採寸という流れになっていきます。

オーダーシートを待つこと数日、、、店舗に届き中を確認すると手書きのお手紙と共に今回の仕様と、どちらにするか迷われていた生地がオーダーシートに記載してありました。
最近手書きの手紙なんてもらう事ってないですよね。
顔の見えないやり取りですから、こういったところに人柄が表れているように思います。
Hさんありがとうございます。

さてさて、今回の生地と仕様を今回はざっと簡単にご紹介したいと思います。

生地

G1085(葛利毛織製、ダークグリーン地ストライプ柄)

【ジャケット】
基本デザイン シングル3つ釦×2
ベント サイドベンツ
袖口 本切羽4個ボタン
腰ポケット チェンジポケット付ハッキング
ネーム M.H (ドイツ文字)
裏仕立て 総裏
【パンツ】
裾口 シングル
タック アウトワンタック
サイドポケット ナナメ
ピスポケット 両玉片方クモフタ付
【ベスト】
基本デザイン シングル6個ボタン
その他 襟付き、尾錠付き、左胸ポケット付、背共生地

意外とシンプルに見えますよね?!先にざっと簡単にと書かせて頂いたように、
オーダー内容はいたってシンプルですが、実はここからが本番です。
これだけでは、先のメールでのやり取りが落とし込まれていませんよね?!

そうなんです。ここからHさんにご来店いただきオーダーが始まるのですが今回は《PART 1 》という事で詳しい内容は、次回の《PART 2》に続いていきます。

次回の《PART 2》の前になんと今回は先にHさんに登場して頂きます。

Hさんどうぞ☆

本来であれば、お仕上がり時にスーツを着て登場していただいたりするのですが、
今回はご来店時の服装が今回のオーダーのイメージ《産業革命》に繋がってるというか、いで立ちが素敵だったので先に写真を撮らせて頂きました☆

キャスケットにコートに、雰囲気からしてなんだかこのスーツを着るイメージ通りという感じですね!
なんでもその雰囲気のあるコートは古着だそうで、ライナーも素敵でした☆

スーツではないのですが、是非次回のオーダー内容をご覧いただく前にHさんを知って頂けるとより次回の《PART 2》に深みが出るかと思いますので、この段階でご登場して頂きました。

さあ、一体Hさんのスーツはどんな感じになるのでしょうか?!
乞うご期待です☆是非次回の《PART 2》もお楽しみに!!!